タグ:3Dプリンタ

クソ眠いです………
最近はいくら寝ても眠い気がします。なんなんでしょうね…

とある日、3Dプリンタを起動しようと思ったらエラーで3DプリンタにPCから接続できないという症状に。
初めはソフト側でArduinoのドライバの問題かと思いましたが、よくよく調べていくと、どうやらArduino自体の故障だという結論に達しました。

はじめ、デバイスマネージャーが認識しないのでドライバの更新してみましたがダメ。
エラーコード43が出ていたので調べてみるとデバイス側でハードの故障らしいということが判明。ケーブルを交換しても症状が変わらなかったことからArduino自体の故障が確定しました。
Arduinoを外そうと思って持ってみると全体的に異常なほど熱い。すぐさま電源を落としたのは言うまでもありません。

基板を見渡してみるとレギュレータであるAMS1117が吹いた模様。どうやら突然死をすることがあるICのようで…
安いからといってこんな物採用しないでくれ。純正品なんだからさ。
そしてこんな奴手持ちにない…
AliExpressで売ってるけど3週間も待ちたくない…
あっ、そっかぁ。
78シリーズをつければいいんだ。
ピン配置が違いますが無理やりつけてしまいました。
なんかもう色々とめんどくさくなったので汚い感じに。レギュレータなのできちんと降圧してくれればそれで良い。
これで無事認識してくれるように………
マイコンやその他は無事でした。
ヨカッタヨカッタ



すみません…放置してました…
新年度で疲れるので更新が滞ってしまいます…
言い訳はこのくらいにしていろいろネタにしたいことは沢山あるんですけどね。
とある方から3Dプリンタのキットを頂きましたので、組み立てておりました。
現在はオートレベリングなどいろいろ改造されています。
ホットエンドも中華製ですが、E3D V6のコピーなんですかね???600円くらいの安物に交換されています。普通に使えますってかこの精度で600円で出せる事が驚きです。恐ろしい…
キューブなんかを基準として出力してみました。誤差0.1mm程度で問題ないようです。
フィラメントはメーカー不明ですが、スイッチサイエンスさんがAmazonで販売しているHIPS(耐衝撃性ポリスチレン)という材質のものを使っています。250°C程度で運用してます。
ABSと比べて無臭、収縮が少ない、着色がしやすい、などの利点があるようです。
単に安かったのでHIPSを買ってみたんですけどもw
HIPS、安くてオススメです。機構部品のプリントにはうってつけだと思います。
近接センサによるオートレベリング機能の搭載。これでいちいちZ軸の調整をする手間から解放されます。これは良いです。取り付けにあたっては日本語解説サイトがそこまでないので苦労しました。気が向いたら記事にでもしようかと思います。

あっ、そうだ(唐突)
HIPSを使おうと思ってヒートベッド温度を100°Cまで加熱しようと思っても60°Cまでしかオリジナルの状態では上がりませんでした。HIPSは少ないといえど収縮するのでベッド温度60°Cでは低い…
ということで単純に発熱量を増やすには電圧を上げて電流を多く流せば良い。
と、ちょうど良いことに24V、320Wのスイッチング電源があるではないですか。
ヒートベッドのみ外部電源に出来ないかとネットを漁っておりますと、いろいろ参考になるものが出てきますねぇ…
フォトカプラとMOS FETでこんなものを作ってみました。回路図と製作記は次回書きたいと思います。
ガルパンはいいぞ。
劇場版から入ったガルパンにわかですが、おもしろくて思わずアニメ全話とラジオCDも聴いてしまいました。
サントラも概ね揃えて聴いてます。GOING PANZER WAY!と西住殿のInfinity Orbitが泣けてきますね…ほんと…
県立大洗女子学園の校章をモデリングしてプリントしてみました。
いい感じにできましたが、まだ不満があるので少し改良したいと思います。
黒森峰女子学園の校章も。明朝体の横棒が細くてすぐ折れてしまいます。こればっかりは仕方ありません。
次はどこの高校の校章を作りましょうかね。


とまぁ、いろいろやって楽しんでるわけですよ。プリントやら改造やら…
3Dプリンタおもしろいですね。ポンと下さった某氏に感謝です。ありがとうございます。

それではこの辺で

↑このページのトップヘ