タグ:電子工作

最近は本格的に寒くなってきて真空管が恋しい季節になりました…
元々は真空管アンプをメインで使ってましたが夏は暑苦しくて中華D級アンプに取って代わられてしまいました。試しに導入してみた中華D級アンプが予想以上に音質が良い!ちょっとD級アンプにハマってしまいました、、、
低コストでここまでの音質と省エネ、さすがD級アンプです。
まぁでもD級アンプにも飽きてきて、冬だし真空管アンプで音楽を改めて聴きたいなぁと。
部品も揃ってたので真空管アンプを新しく作ることにしました。
余ってたし省エネ志向で6AB8を採用。
昔作ったラジオ少年様頒布のAMP-MINIがあったのでシャーシ塗装して回路を設計し直しました。
まぁこの球で設計すると元の回路と似たり寄ったりになってしまいますね…
汚い手書き回路図ですみません…
ちなみにこの回路図通りに作っても動きません。
段間カップリングコンデンサが1μでは大き過ぎて発振が止まらないので0.047μを使用。
ヒーターもDC点火してみましたが整流後の電圧が高く、2.5Ωの抵抗を直列に入れてます。
なお、今回はUL接続にしてみました。
あとはFETリップルフィルタを入れたくらいで特筆すべきことはないかと思います。
既存のシャーシを活かしてラグ板を取り付ける為、3Dプリンタを使ってこんなものを作りました。
はじめは1.6mmの単線でアース母線を張ります。
とりあえず電源部の実装が終わりました。電源部だけでシャーシの半分以上占有してますが、電源は音質に直結しますので手は抜けないところです。
2.5Ωが必要でしたがあいにく手持ちになかったので仕方なく10Ωを4つパラで()
全て実装が終わったところです。なるべく左右同じような部品配置にしたつもりですがスペースの関係上そうはならなかったところもありますね…
組みあがって動作させてみました。出力は1W程度だと思います。
トランスが白っぽい色ですが、下地を塗って面倒になってそのままつけたってのは内緒ですw

音質ですが、初めにAMP-MINIを作った時はそんなもんかなぁ程度でしたが今回作ったものは電源部を強化したおかげかハム音は殆ど聞こえず。
ガールズ&パンツァーの劇場版サウンドトラックを聴いてみましたが良いですねぇ〜〜
UL接続にしたせいか前より低音が豊かです。D級アンプとははっきり音質の違いがわかります。
やっぱり真空管は目で見ても楽しめるので良いですねぇ〜〜
部品が余ってたら作ってみて欲しいなと思います。

それではまた〜〜

すみません…放置してました…
新年度で疲れるので更新が滞ってしまいます…
言い訳はこのくらいにしていろいろネタにしたいことは沢山あるんですけどね。
とある方から3Dプリンタのキットを頂きましたので、組み立てておりました。
現在はオートレベリングなどいろいろ改造されています。
ホットエンドも中華製ですが、E3D V6のコピーなんですかね???600円くらいの安物に交換されています。普通に使えますってかこの精度で600円で出せる事が驚きです。恐ろしい…
キューブなんかを基準として出力してみました。誤差0.1mm程度で問題ないようです。
フィラメントはメーカー不明ですが、スイッチサイエンスさんがAmazonで販売しているHIPS(耐衝撃性ポリスチレン)という材質のものを使っています。250°C程度で運用してます。
ABSと比べて無臭、収縮が少ない、着色がしやすい、などの利点があるようです。
単に安かったのでHIPSを買ってみたんですけどもw
HIPS、安くてオススメです。機構部品のプリントにはうってつけだと思います。
近接センサによるオートレベリング機能の搭載。これでいちいちZ軸の調整をする手間から解放されます。これは良いです。取り付けにあたっては日本語解説サイトがそこまでないので苦労しました。気が向いたら記事にでもしようかと思います。

あっ、そうだ(唐突)
HIPSを使おうと思ってヒートベッド温度を100°Cまで加熱しようと思っても60°Cまでしかオリジナルの状態では上がりませんでした。HIPSは少ないといえど収縮するのでベッド温度60°Cでは低い…
ということで単純に発熱量を増やすには電圧を上げて電流を多く流せば良い。
と、ちょうど良いことに24V、320Wのスイッチング電源があるではないですか。
ヒートベッドのみ外部電源に出来ないかとネットを漁っておりますと、いろいろ参考になるものが出てきますねぇ…
フォトカプラとMOS FETでこんなものを作ってみました。回路図と製作記は次回書きたいと思います。
ガルパンはいいぞ。
劇場版から入ったガルパンにわかですが、おもしろくて思わずアニメ全話とラジオCDも聴いてしまいました。
サントラも概ね揃えて聴いてます。GOING PANZER WAY!と西住殿のInfinity Orbitが泣けてきますね…ほんと…
県立大洗女子学園の校章をモデリングしてプリントしてみました。
いい感じにできましたが、まだ不満があるので少し改良したいと思います。
黒森峰女子学園の校章も。明朝体の横棒が細くてすぐ折れてしまいます。こればっかりは仕方ありません。
次はどこの高校の校章を作りましょうかね。


とまぁ、いろいろやって楽しんでるわけですよ。プリントやら改造やら…
3Dプリンタおもしろいですね。ポンと下さった某氏に感謝です。ありがとうございます。

それではこの辺で

いやー、初めてオシロを手に持ってテンションが高い筆者ですが関係無く行きましょう。
前々から波形みれたら便利だったなーと思っていて必ずしも必要では無いですがあれば便利な測定器です。プロなら必携だと思うんですけどね。
それで、ひょんなことからオシロスコープが欲しくなり秋月にポチりました(^^)
なんせ筆者は初心者に毛が生えた程度のレベルなのでアレですが…

イメージ 1
ヤマトさんが運んで来た荷物はこれ
左側がオシロキットです。

イメージ 2
開封の儀
なんと英文ですが丁寧にマニュアルが2冊もあるとは思っていませんでした。
片方が作り方的なやつでもう片方が使い方のマニュアルみたいな感じでした。意訳していけました(^_^)
あと、最新のバージョンに基板もプログラムもなっているようですね。ネット上ではあまり見ないタイプです。最新のバージョンで良かった。

イメージ 4
パーツは中国的にぐちゃぐちゃ入っているので下の画像のようにザックリと仕分けた方があとあと実装し易いです。

イメージ 3
ザックリと仕分けました。

イメージ 5
メイン基板です。片面基板ではなくスルーホール基板なので間違うと取り外しにくいです。間違えないようにしましょう(戒め

イメージ 6
先ず背の低い整流ダイオードから実装していきます。ちなみに1N4007でした。

イメージ 7
次に三端子レギュレーターを取り付けます。画像のように足を曲げます。

イメージ 8
このネジとナットを使います。

イメージ 9
ヒートシンクとこのように取り付けます。

イメージ 10
こうなりました。筆者は手持ちに放熱シートと絶縁ブッシュがあったので取り付けてますが、本来はついて来ません。あれば付けた方がいいと思います。

イメージ 11
電解コンデンサはこのようにプラスがシルク印刷されてて進化したんだなーと感じますwwww

イメージ 12
電解コンデンサは中国メーカーの安っぽいやつなので、これは使わずルビコンの低ESRコンデンサをつけます。ノイズ対策。電源周りは大事ですw
入力コンにはMB用超低ESR電解コンデンサを使いました。スイッチングACアダプターでも大丈夫です。

イメージ 13
全て実装しました。
その後、電圧を測定ポイントで測定します。

イメージ 14
ほぼ5Vでした。バリバリOKです。

イメージ 15
電圧測定がOKならジャンパー線をハンダつけすることを忘れずに。

イメージ 16
ピンヘッダです。

イメージ 17
液晶です。これも秋月取り扱いの物に変更なったようですね。

イメージ 18
こちらにピンヘッダの短い方を差し込み垂直にハンダつけします。垂直に!! 
筆者は垂直についておらず少し斜めってたので取り付けに苦労しましたw

イメージ 19
2ピンのピンヘッダはこちらに。これも垂直に!!

イメージ 20
ここのパーツの足は極力短く切ります。液晶と当たってショートしないようにです。

イメージ 21
ここはピンの間隔が狭いのでハンダブリッジしないように気をつけてハンダつけします。

イメージ 23
ここも忘れずに。発振器です。

イメージ 22
最後にタクト、スライドスイッチをつけて完成
この状態でテストしてみましょう。筆者は電源にリサイクルショップから100円で買ってきた9V、0.25AのACアダプターを使っています。
そこで12V電源をつけるとヒートシンクが熱々で触れない程になるらしいです。
筆者はそんなことはなく、ヒートシンクはあったかい程度でした。

イメージ 24
電源スイッチは無いのでwACアダプターをコンセントに差すとこのような画面がでます。もしでないならコントラスト調整をするといいでしょう。

イメージ 25
コントラスト調整の半固定抵抗です。筆者は見やすい位置に調整しました。

イメージ 26
こんなのが出て…
とても液晶は綺麗で見やすいです。画像以上に。

イメージ 27
こうなります。ここからテスト波形を測ろうとしたが波形が出ない…
周波数はちゃんと測れてる…
さぁ困ったぞ。いろいろチェックしましたが組み立てはOKのようです。
とあるサイトを見ると使い方が載ってました。
少し弄らないといけないようです。
ここがとても参考になります。
http://tylercsf.blog123.fc2.com/blog-entry-237.html?sp
悩むこと小一時間

イメージ 28
やっと波形が出ました!これは内蔵の発振器の波形です。

イメージ 29
周波数は500Hz程度でした。

イメージ 33
そしてキットのパーツで簡易プローブ製作♪

イメージ 30
のこぎり波だったり

イメージ 31
正弦波だったりいろんな波形を測ってみました。
イメージ 32 手に乗るくらいコンパクトです。

このオシロスコープを使いこなせるようにもっと技術を身につけないとダメですね~。
そのうち高圧プローブも作りたいと思います(^_^)
高性能なオシロスコープでは無いですが筆者にとっては充分な性能ですね
電子工作ライフがますます充実しそうです。

↑このページのトップヘ