タグ:買い物

さてさて、遅くなりましたがあけましておめでとうございます〜〜。
今年はCNCやプッシュプル真空管アンプなんか作れたらいいなぁと思案、設計中です。
私事ですが、昨年に就職内定決まりまして今年の4月から社会人として働く事になりました。記事更新が今まで以上に滞らないように頑張りますので今年もとっしーの徒然工作記を宜しくお願いします。

写真がないとなんか寂しいので以下適当な写真
去年のだいぶ昔にAliExpressで買ったクランプメーター
送料込み600円くらいでしたが正弦波ではまともに測定されてるみたいです
負荷は100v100wの電球
送料込み52円の検電器を買ってみたりだとか
測定される時とされない時があるので検電器としては不合格でゴミ箱行きですね
そのうち分解してみようかしら。

とまぁいろいろやってました。
それではまた〜〜

前々から圧着工具は欲しいと思ってたんですがなかなか高くて手が出せずにいました。
しかしそんな時に見つけたのがアマチュアの味方、中華圧着工具。
Amazonで見つけたのですが、AliExpressでも値段はあまり変わらなかったのでAmazonで買いました。
絶縁閉端子用と裸圧着端子用の2種類買いました。合計で送料込み3020円!!素敵なお値段です。
中華製は毎度のことながらまともに使えるとはどこにも保証がないので届くまで正常に圧着できるか不安でした。
マトモなレビューが見つからなかったので購入の参考になればと思い詳細なレビューを。
上が絶縁閉端子用で下が裸圧着端子用です。見た目はラチェット機構付きでこれが1つ1500円程とは思えません。
パッケージ裏。色々な型番の圧着工具が載っている。
絶縁閉端子用の圧着工具から見ていくことにします。
LX-103と言う型番みたいです。適応圧着端子は絶縁閉端子のCE1、CE2、CE5です。
ただしCAPACITYのCE-1の範囲が間違えてます。正しくは0.5〜1.75の範囲です。
他は合っているのですが…
まぁ中華って事で仕方ないですかね…

上は閉じた時の寸法です。片手で持てるサイズだと思います。でも決して小さくはないですね。
開いた時。片手では厳しいかもしれない。
ダイス部の拡大。1、2、5とある。なお圧着時に刻印はつかない。
と、反対側のダイスは…あれぇ?たまげたなぁ。1、2、6となってるよ。本来6が5のはずですが…まぁ値段が値段なのでゆるせますがこれはミスですねぇ。ミスしたダイスを製造し続けるとは流石だなぁ。
この圧着工具でニチフのCE5を圧着してみました。2.0㎟×2と0.5㎟×1で3本入れてあります。
圧着しても線を引っ張っても抜ける事はなく良好に圧着されていると思います。全然問題無しですね。
CE-1を圧着してみた。これも問題無し。
これは裸圧着端子用の圧着工具ですね。
型番はHS-16とあります。1.25㎟から16㎟までなので自分はまずサイズで困る事はなさそうです。
16㎟までなので大きいです。片手での作業は出来ないですね。
開くとかなり大きいです。小さい端子は少し挟めてからやらないとやりにくいです。
リリーサの解除ノブです。オープンの方に回すと途中で解除できます。分かりやすくて良いです。
ダイス部の拡大。JIS規格でサイズが刻印されてます。
反対側のダイスはドイツのDIN規格でサイズが刻印されてるようです。
ダイスは刻印があるのですが、6.0がつぶれてる感じがします。まぁこれも中華って事で圧着には直接関係ないので無問題。
試しに圧着してみました。1.25の端子にに0.75㎟を入れて圧着してます。1.25の端子に0.75は適合するようです。
これも引っ張っても抜けないし圧着は問題無し。
裏は1.5の刻印が押されてます。良い感じ。(刻印はDIN規格のものが押されるようです)
JIS規格で刻印も打ってあると完璧だったのに…

レビューはこんな感じになりました。
総評としては趣味レベルでは無問題。安くて耐久性もありそうだしオススメできる品ですな。ただ中華は品質の当たり外れが大きいかもしれないので所詮中華。そこは悪しからず。
あ、仕事で使うなどはきちんとJIS規格の圧着工具を使いましょうね。
以下、今回の圧着工具メーカーリンク
LX-103
理想工具って中国のメーカーらしい。圧着工具を数多く作ってる。
HS-16
こちらも圧着工具を数多く作ってるメーカー。
設立が2004年と若いメーカー。

ではではこんな感じです〜。


ブログから失礼するゾー(謝罪)
このブログ更新しなさスギィ!!自分ブログ更新いいっすか? じゃけんブログ更新しないリストにぶち込んでやるぜー すみません!許してください!ブログ更新しますから!(ブログ更新するとは言ってない)

とまぁ、淫夢ネタから入ってみたのですが…
ブログなかなか更新しなくてすみません!筆者の進捗も最近は忙しくてゆったりでした。

最近暑いですねー。
そのためにデカい807を使用したアンプを使うとなおさら暑い。
そこでD級アンプを夏だけ使ってみることにした。
筆者自身はD級アンプは初体験なのでどんな音質なのかちょっと楽しみです。

例のAliExpressを漁っていると50w+50wのD級アンプが送料込み800円程度だったので購入。他よりも安い業者さんでSeller's shippingだったので1ヶ月かかるなと覚悟してたのですが、なんと2週間ほどで到着。追跡の無い小包でChina post AIR Mailでした。この業者さん他より早くて安くて気に入りました。こうやって信頼できる業者を探すのも楽しいです。
で、届いたのが上の画像です。
開封してみました。
値段からは思わないほど出来がいいです。
ただ中国製品にありがちなハンダにツヤが無い。
さっそくヒートシンクを外してみた。FEIXIANGがメーカー名だと思うが詳しいことは分からなかった。
試しに電源をつなげて聴いてみるとゲインが高い。
33.6dBに設定されているようなのでR28を取る事で27.6dBに下げられるようだ。
27.6dBで使う事にし、抵抗を取りました。
ネットを漁っていると無音時のホワイトノイズを軽減させる改造があるらしい。やってみる事にした。C46のところのスルーホールを切断して3.3Vレギュレータから電源を供給してやって、ノイズを軽減させる改造とのこと。
ジャンパさせたところ。
コレでやらない時の半分程まで減った気がする。これはおすすめ。

音質的な評価は筆者はあまり得意では無いが、一応少しばかり…
真空管アンプを多く聴いてきたので、このアンプで聴いた瞬間に真空管アンプと大きな違いを感じた。
先ず低音が前面に出ていること。メリハリがはっきりしていること。
うまく言い表せ無いがこれがD級アンプの音なのかという感じで聴いている。
全然悪い音質では無いと思う。寧ろこれを800円程で買ったことを考えればかなりいいほうだろう。
コンデンサ、インダクタなんか弄ってもう少し追求していきたいと思う。

更新してる筆者も眠くなってしまった。
それでは。

中国のAliExpressって大手通販サイトを眺めてると格安の半田ごてを見つけまして、セラミックヒーターだということで即ポチ。
60Wで110V仕様とのこと。
替えコテ先はという不安もありましたが、これは画像を見る限りHAKKOの933と同じコテ先が使えるらしい…んですね。
なんと衝撃プライス!!!
送料込み$12.49!!!
温調セラミックでこの値段は安すぎます。
人柱覚悟です。そもそもこの半田ごてに対するレビュー殆どないですw
個人輸入も経験がありませんでしたが、住所さえ英語できちんと書ければ問題ありません()
まぁ、国内通販とは全然対応も品質も違うのですがそこが中華通販の楽しみ方なのでしょう。激安ですし。

とりあえず、12月13日にポチって12月15日に発送。と同時に追跡番号を発行。
それから毎日、日本郵便と中国郵政の追跡サイトをガン見する。
2日経っても反映されない。代理店に出しているようなので1週間経たないと反映されない時もあるらしい。
発送の連絡から4日経った19日にやっと引受のステータスに変わる。
とまぁ12月15日発送で26日到着なので1週間ちょっとかかってます。中国からなら早い方ですね。到着まで2〜3週間かかってる人もいるようなので。
到着した荷物です。代理店はYANWEN(燕文物流)のようです。
開封の儀。見た目は悪くないです。ちなみに内側プチプチの封筒にそのまま突っ込まれてるだけでした。
だから輸送中バキバキに割れてるんだよねぇ…
まぁ気にしないですけど。
ほー。
んん?パクりですかねw
HAOKO???
もしかしてこれYong Fengってブランドだからてっきりそうかと思ったけど中国国内ではHAOKOのブランドで売ってんのかな?w
ググってみてもはっきりしたことはわかりませんでした。
もちろんメーカー不明ですw
出してみた時、第一印象は小さっ!!!!
隣はHAKKOのプレストですが感覚的に半分くらいの太さと重さです。
コンセントはちゃんと穴があいてます。
CCC規格を満たすためか250Vまでとなってますね。
と思ったら抜けやすい???
あー少し短いですね。まぁ小電力だし良いか。
ということでおなじみのバラ ァ…

この半田ごてネジ1本も使われてないから分解が楽だったわww
ずいぶんシンプルな回路です。
IC、マイコンの類が一つもないです。
基板はガラエポで品質は普通に良いです。両面ですが裏面には実装されてません。半田付けはまぁ…汚いところありますねw
上手く付いてないところもあり、再はんだしました。
この辺はチューブも被せてありますし、ヒーターの半田付けも良好です。
アース端子もありますがこの半田ごてではアースのパターンに接触してないので取る改造しても無駄です。
回路図を書いてみました。筆者の手書きですみません。
ごく普通のトライアック位相制御です。フィードバック制御なんでありません。
まぁ、温調ですがフィードバック制御してないのでエセ温調ですかね。
ちなみにトライアックはBT134でした。
コテ先です。なんかHAKKOのM900ってコテ先が使えるようですねw
コテ先は重要ですからHAKKO製が使えるのは嬉しいですわw

オリジナルの状態で使ってみた感じとしては、別に悪くないです。普通に使えます。
前回の中華ニクロム温調半田ごてみたく最初の電源投入時に10分も煙上ってるなんてことはありませんでしたww
少し出ましたが気になるほどではありません。
立ち上がりも早くて、30秒〜1分ほどで半田付けできるようになります。
ただ、大きい物を半田付けしようとするとコテ先温度が下がってもフィードバックがないために設定温度を上げなければなりません。
その点がマイナスかな。
それを除けば十分戦力になります。
筆者の半田ごての中ではメイン機にしようかと思ってますw
それを考慮してならこの半田ごては$12前後で買えますしとても買いだと思います。
いろいろ楽しめる玄人向けにオススメしときますw
コレクション???なんですかね????

それではまた来年も当ブログをよろしくお願いします。
ではでは


すみません
正直に言うと更新少しサボってました()
中華半田ごてに付属してきたコテ先がイマイチなので直径はぴったしではないんですけどgootのSC型に交換してみました。
少しgootの方が長いですが問題無いです。

こんな感じになりました。
実際に使ってみた感じはとても良く、交換してよかったと思います。
温調もこれまで通り出来ますしね。
そのうちC型も揃えそうかしら。
しかし、そんなことをしてる筆者ですが、セラミックヒータータイプの温調半田ごてが欲しくなってAliExpressでポチりましたとさ。
送料込み12.49$だったのでこれと同じくらいの値段ですね。
届いたらまたレビューします。

半田ごて中毒なんでしょうかねぇ…

↑このページのトップヘ