タグ:バッテリー

今回は結構前にiPhone5cのバッテリー交換をした時の記事です。
いつもiPhone5cのカメラで画像撮ってるので今回は途中経過はなし
交換バッテリーですが、Amazonでも売ってます。楽天でも売ってます。どこのバッテリーを使っても良いんですがそのすべては非正規品だという事です。
中国製品を見てるとわかりますが中古抜き取り品にパッケージを貼って新品として偽って販売されている粗悪品もあります。純正品は手に入らないです。仕方ないのでAmazonで購入してもAliExpressで購入しても同じような結果だろうという事でAliExpressに良い商品を発見したのでそちらから。
今現在はかなり値上がりしてますが、購入当時は1500円かそのくらいの値段だったと思います。
純正に対して少しバッテリーの容量が多いのでこっちに。レビュー見る限りバッテリーは品質も良く、容量も偽りがないみたい。
早速注文。
2週間くらいで到着。珍しく箱に入って丁寧な梱包でした。普通はプチプチ貼りの封筒にそのまま入れてくるのですが。
パッケージ
裏面。
正規品保証
この製品の偽物とかあるんでしょうか…
あっちの国は国内でパクリあってるので偽物あってもおかしくはない。
中身。これを買えば工具も全てついてきます。付属工具にしては品質が良いです。
ドライバーからは…バリが出てきました。これくらいは取れば普通に使えるので問題外。
マニュアルに保証書。交換手順が書いてあるわけではありません。保証は受けれませんが中国製品でこういう姿勢には感心します。
そしていざ交換!交換手順はあらかじめネットで調べていたので迷わず出来ました。初めてですが30分くらいで出来ます。
両面テープが強力でバッテリーを壊してしまいました…怖い…

結果は成功!
アプリで確認したところ1700mAh確かにあります。とても動作時間が延びました。新品時のバッテリーの持ちが蘇った感じです。
あとはどれくらい持つかですね。
1ヶ月経っても衰えた感じはありません。
純正と同じようにつかえればいいのですが。

ではまた〜〜

モバイル機器を外に持って行く機会が増えたり、災害時の備えや外での明かりなどモバイルバッテリーが欲しいと思うことがあり、今回Amazonに安くて容量がそこそこある物を注文。
ついでに互換格安Lightningケーブルも注文。
この記事でもまただらだらと届いた物をレビューしていきたいと思います。
先ずはモバイルバッテリーから。

イメージ 1
NEO M1というモバイルバッテリーを購入しました。
購入当時¥1500ちょっと。しかも容量は8800mAhというコスパのよさ!
しかし少し時期によって値上がりしてるようですがそれでも安いですね。

イメージ 3
ポーチと充電用ミニUSBが付いています。

イメージ 2
出力は2.1AもあるのでiPadなどの充電電流が大きいものでも充電できます。
安い物は中国製ですので砂袋とか容量を詐称してるかもしれません。

イメージ 4
と言うことで分解しましたw
もちろん中をみた後はもどしますが。
ぱっと見悪くなさそうです。

イメージ 5
バッテリーは18650が4本並列です。
バッテリー交換が楽そう
3.7V、2000mAhですね。
公称8800mAhでしたがすこし少ないような…

イメージ 6
制御基板です。
昇圧、充電制御、過充放電防止回路があるようです。
ハンダ付けの状態も良好ですね。
寿命を左右する電解コンデンサを使ってないのも評価出来ます。一応、電圧波形をみてみましたが、特に問題ありませんでした。
とてもコスパの良い商品でオススメです。
満充電の状態からiPhoneが3~4回も充電出来ましたし。
この回路の効率は70~80%でしょうね。

イメージ 7
次はこれLightningケーブルです。
Hanye Techという中国メーカーの物です。
1本¥190程と格安でした。
とにかく安くて一番まともに使えそうなこいつをチョイス。
開封後の画像ですみません

イメージ 8
左、Hanye Techと右、Apple純正Lightningケーブルの比較。
少し、純正よりも大きめですがUSB側なので問題になることはなさそうです。

イメージ 9
うら。
Hanye Techの文字があります。

イメージ 10
充電端子側。
Hanye Techのほうが大きいです。iPhoneのケースによっては干渉することがあるかもしれません。

このケーブルでiPhone5cに充電してみましたが、普通に充電されました。
この手の格安互換Lightningケーブルには充電電流が少なく充電時間がかかるという物があるらしいですがこのケーブルは純正ケーブルと遜色なく、まともに使えてます。
あとは今後のアップデートでどうなるかと耐久性が気になるところです。

今回紹介したように格安でも使える商品はあります。
しかし中には粗悪品と言われる商品もたくさんあります。
格安の中でも使える物と粗悪品の判断が大事ですね。
それではまた!

    ↑このページのトップヘ