タグ:ニチフ

前回、中華製圧着工具の検証を行いました。過去記事漁ってください。裸圧着端子の工具でしたが、やっぱりクリンプハイトが足りなくて圧着が甘かったです。
今回、ニチフ純正で絶縁閉端子用の圧着工具を手に入れましたので手持ちの中華製圧着工具と比較してみたいと思います。
結果はいかに????

青グリップが眩しいニチフ純正圧着工具。JISマークは当然ありません。
絶縁閉端子というのは端子側にはJIS規格がありますが、圧着工具本体のJIS規格はありません。そのためJIS規格の絶縁閉端子用圧着工具は売っていないわけです。
中華圧着工具代表はこいつ
某通販で買いました。過去記事漁ると出てきます。
ニチフが手持ちになかったので中華CE1で勘弁してください…
圧着した結果は左がニチフ純正、右が中華
一目瞭然でクリンプハイトが足りてないのがわかります。
やっぱり中華圧着工具はダメでした。大人しく信頼できるメーカー(マーベル、ロブスター、ホーザン…)の圧着工具を買うに越したことはないです。
しかし…中華圧着工具と中華圧着端子の組み合わせでもこの結果という事は現地ではきちんと使えてるのか???恐らく現地でも使えてないと思うんですけどどうなんですかね
中国とかこんな圧着工具で電気工事してるのかと思うとちょっとゾッとします。

こんばんは。
今日のガールズ&パンツァーのオーケストラ参戦してきますよっと。記事書いてるうちに今日になっちゃった。
あぁ〜〜楽しみなんじゃ〜〜

それで、タイトル通りなんですけども裸圧着端子用の中華製圧着工具壊れました。はい。50回も使っただろうか??
コレですね。みんな大好きHS-16
中華圧着工具の代名詞みたいな感じですが。見た目では壊れてるようには見えないんですがね。
最後まで握っても画像のように閉じなくて最後まで圧着出来なくなってしまいました。ラチェットも外れてしまいます…
ガタが大きくなってしまったのかな?
圧着端子と言うのは適切な工具と電線を組み合わせて初めて高い信頼性が生まれます。こんな状態の工具では圧着した物が信頼できる訳がありません。全く…
てな訳で裸圧着端子はそこそこ出番があるので工具を買わねばならない…
まぁ同じ中華製を買ってみようかと思ったりしましたが安物買いの銭失いは何度も経験しているので安さに釣られずぐっとこらえてJISマーク付きの工具買おうかなと。流石に新品だと高いので…中古で漁ってみました。
某オークションを少しの期間張り付いてるとニチフの圧着工具が出品されてたので監視。他に誰も居らずに落札。やったぜ。ニチフ純正なので信頼性は折り紙付き。使用感もあまり無く状態は良いです。2500円也。今はモデルチェンジしていて、見た感じマーベルと全く同じような見た目なのでマーベルのOEMでしょうね。
試しにニチフのR-3.5を使って圧着を比べてみようと思います。
まず中華圧着工具から。
次のニチフと見比べてみてください。
ニチフの圧着工具でかしめた端子。
中華工具はまず刻印が薄い。明らかにクリンプハイトも足りておらず圧着不足になっている可能性が高い。そしてベルマウスも十分な長さ取られていない。
ニチフの工具は…何も言うことはないでしょう。流石です。

こんな短期間で圧着工具が壊れるなんて思いませんでした。圧着工具もまともに作れないのか…
これって個体差なんですかね?品質のバラつきが大きいのはよく聞く話だが。
圧着工具は日本製が良いです。日本メーカーのJISマーク付きならどれも圧着品質は良いでしょうし。
少し高いものの日本メーカーの圧着工具をお勧めします。家を焼かないためにも。

↑このページのトップヘ