タグ:オーディオ

最近は本格的に寒くなってきて真空管が恋しい季節になりました…
元々は真空管アンプをメインで使ってましたが夏は暑苦しくて中華D級アンプに取って代わられてしまいました。試しに導入してみた中華D級アンプが予想以上に音質が良い!ちょっとD級アンプにハマってしまいました、、、
低コストでここまでの音質と省エネ、さすがD級アンプです。
まぁでもD級アンプにも飽きてきて、冬だし真空管アンプで音楽を改めて聴きたいなぁと。
部品も揃ってたので真空管アンプを新しく作ることにしました。
余ってたし省エネ志向で6AB8を採用。
昔作ったラジオ少年様頒布のAMP-MINIがあったのでシャーシ塗装して回路を設計し直しました。
まぁこの球で設計すると元の回路と似たり寄ったりになってしまいますね…
汚い手書き回路図ですみません…
ちなみにこの回路図通りに作っても動きません。
段間カップリングコンデンサが1μでは大き過ぎて発振が止まらないので0.047μを使用。
ヒーターもDC点火してみましたが整流後の電圧が高く、2.5Ωの抵抗を直列に入れてます。
なお、今回はUL接続にしてみました。
あとはFETリップルフィルタを入れたくらいで特筆すべきことはないかと思います。
既存のシャーシを活かしてラグ板を取り付ける為、3Dプリンタを使ってこんなものを作りました。
はじめは1.6mmの単線でアース母線を張ります。
とりあえず電源部の実装が終わりました。電源部だけでシャーシの半分以上占有してますが、電源は音質に直結しますので手は抜けないところです。
2.5Ωが必要でしたがあいにく手持ちになかったので仕方なく10Ωを4つパラで()
全て実装が終わったところです。なるべく左右同じような部品配置にしたつもりですがスペースの関係上そうはならなかったところもありますね…
組みあがって動作させてみました。出力は1W程度だと思います。
トランスが白っぽい色ですが、下地を塗って面倒になってそのままつけたってのは内緒ですw

音質ですが、初めにAMP-MINIを作った時はそんなもんかなぁ程度でしたが今回作ったものは電源部を強化したおかげかハム音は殆ど聞こえず。
ガールズ&パンツァーの劇場版サウンドトラックを聴いてみましたが良いですねぇ〜〜
UL接続にしたせいか前より低音が豊かです。D級アンプとははっきり音質の違いがわかります。
やっぱり真空管は目で見ても楽しめるので良いですねぇ〜〜
部品が余ってたら作ってみて欲しいなと思います。

それではまた〜〜

最近全く暑くて進捗ダメな筆者です。
ふと電車でイヤホンをして音楽を聴いていたんですが、右側だけ明らかに音量が小さい&ザッザッというノイズが入ることがあるという症状になりました。聴いていて気持ち悪いのでもう聴くのは止めて家に帰ったら速攻再ハンダをしました。
バラしたところ。
マイナスドライバーで接合部をこじったらすぐ開いた。
問題の半田付け部分。
ここをフラックスつけて再ハンダしたら直った。

愛用のイヤホンがまだまだ使えそうです。

あっさり直ってしまって面白くないですけどね()

ブログから失礼するゾー(謝罪)
このブログ更新しなさスギィ!!自分ブログ更新いいっすか? じゃけんブログ更新しないリストにぶち込んでやるぜー すみません!許してください!ブログ更新しますから!(ブログ更新するとは言ってない)

とまぁ、淫夢ネタから入ってみたのですが…
ブログなかなか更新しなくてすみません!筆者の進捗も最近は忙しくてゆったりでした。

最近暑いですねー。
そのためにデカい807を使用したアンプを使うとなおさら暑い。
そこでD級アンプを夏だけ使ってみることにした。
筆者自身はD級アンプは初体験なのでどんな音質なのかちょっと楽しみです。

例のAliExpressを漁っていると50w+50wのD級アンプが送料込み800円程度だったので購入。他よりも安い業者さんでSeller's shippingだったので1ヶ月かかるなと覚悟してたのですが、なんと2週間ほどで到着。追跡の無い小包でChina post AIR Mailでした。この業者さん他より早くて安くて気に入りました。こうやって信頼できる業者を探すのも楽しいです。
で、届いたのが上の画像です。
開封してみました。
値段からは思わないほど出来がいいです。
ただ中国製品にありがちなハンダにツヤが無い。
さっそくヒートシンクを外してみた。FEIXIANGがメーカー名だと思うが詳しいことは分からなかった。
試しに電源をつなげて聴いてみるとゲインが高い。
33.6dBに設定されているようなのでR28を取る事で27.6dBに下げられるようだ。
27.6dBで使う事にし、抵抗を取りました。
ネットを漁っていると無音時のホワイトノイズを軽減させる改造があるらしい。やってみる事にした。C46のところのスルーホールを切断して3.3Vレギュレータから電源を供給してやって、ノイズを軽減させる改造とのこと。
ジャンパさせたところ。
コレでやらない時の半分程まで減った気がする。これはおすすめ。

音質的な評価は筆者はあまり得意では無いが、一応少しばかり…
真空管アンプを多く聴いてきたので、このアンプで聴いた瞬間に真空管アンプと大きな違いを感じた。
先ず低音が前面に出ていること。メリハリがはっきりしていること。
うまく言い表せ無いがこれがD級アンプの音なのかという感じで聴いている。
全然悪い音質では無いと思う。寧ろこれを800円程で買ったことを考えればかなりいいほうだろう。
コンデンサ、インダクタなんか弄ってもう少し追求していきたいと思う。

更新してる筆者も眠くなってしまった。
それでは。

どうも
最近、なかなか進捗がよろしくない筆者ですが新しいブログ頑張ります

そんなこんなで某氏オススメのclass AA回路を使った真空管ヘッドホンアンプを作りました。
真空管は12AX7の中古品ですが頂きました。
ありがとうございます。

外観はこんな感じです。
余裕で手のひらに乗ります。
ちなみに電源は12Vです。この低電圧で真空管を駆動するがゆえ、同じ品種でも動作しないことがあるようです。

下からLEDで照らす細工をしてみました。
この方が暗いところで見ると映えます。とってもお気に入りですね。だってかっこいいんだもん!

聴いた感想としては、12Vで真空管を使って安価な4558Dなのに良くこんな低音がでてバランスの良い音になっているのが素直な感想です。
class AAの回路ってすごいです。

オペアンプはNJM4558Dを使ってます。
しかし、部品箱に艶ありのNJM4558Dがあることを思い出して少し試聴したら交換してみました。
※艶ありNJM4558Dとはギターアンプの用途で高値で取引される1980年代に製造されたもののようです。
筆者は昔のパワーアンプを分解したらたまたまあったので使っていますが、わざわざ買う気にはなれません( ̄ー ̄
ソケットに挿さってるのが艶あり4558Dです。右端の4558Dとは明らかに見た目が違います。
試聴してみました。
音がマイルドって言うか…角がとれた感じの音質になり、とても良いです。
筆者はこの音が好みなのでこのまま使います。

この回路は高電圧は使いませんし、12AX7などの現行で生産されている真空管を使って作れるので割とオススメです。
真空管を入れても部品代は¥2000くらいかもしれません。
満足できるヘッドホンアンプが作れたので良かったですね。

↑このページのトップヘ