カテゴリ: 電子工作

最近は本格的に寒くなってきて真空管が恋しい季節になりました…
元々は真空管アンプをメインで使ってましたが夏は暑苦しくて中華D級アンプに取って代わられてしまいました。試しに導入してみた中華D級アンプが予想以上に音質が良い!ちょっとD級アンプにハマってしまいました、、、
低コストでここまでの音質と省エネ、さすがD級アンプです。
まぁでもD級アンプにも飽きてきて、冬だし真空管アンプで音楽を改めて聴きたいなぁと。
部品も揃ってたので真空管アンプを新しく作ることにしました。
余ってたし省エネ志向で6AB8を採用。
昔作ったラジオ少年様頒布のAMP-MINIがあったのでシャーシ塗装して回路を設計し直しました。
まぁこの球で設計すると元の回路と似たり寄ったりになってしまいますね…
汚い手書き回路図ですみません…
ちなみにこの回路図通りに作っても動きません。
段間カップリングコンデンサが1μでは大き過ぎて発振が止まらないので0.047μを使用。
ヒーターもDC点火してみましたが整流後の電圧が高く、2.5Ωの抵抗を直列に入れてます。
なお、今回はUL接続にしてみました。
あとはFETリップルフィルタを入れたくらいで特筆すべきことはないかと思います。
既存のシャーシを活かしてラグ板を取り付ける為、3Dプリンタを使ってこんなものを作りました。
はじめは1.6mmの単線でアース母線を張ります。
とりあえず電源部の実装が終わりました。電源部だけでシャーシの半分以上占有してますが、電源は音質に直結しますので手は抜けないところです。
2.5Ωが必要でしたがあいにく手持ちになかったので仕方なく10Ωを4つパラで()
全て実装が終わったところです。なるべく左右同じような部品配置にしたつもりですがスペースの関係上そうはならなかったところもありますね…
組みあがって動作させてみました。出力は1W程度だと思います。
トランスが白っぽい色ですが、下地を塗って面倒になってそのままつけたってのは内緒ですw

音質ですが、初めにAMP-MINIを作った時はそんなもんかなぁ程度でしたが今回作ったものは電源部を強化したおかげかハム音は殆ど聞こえず。
ガールズ&パンツァーの劇場版サウンドトラックを聴いてみましたが良いですねぇ〜〜
UL接続にしたせいか前より低音が豊かです。D級アンプとははっきり音質の違いがわかります。
やっぱり真空管は目で見ても楽しめるので良いですねぇ〜〜
部品が余ってたら作ってみて欲しいなと思います。

それではまた〜〜

最近暑いですよね。
わいのノートパソコンも暑くてCPU温度が高くなってくるようになってきました。
どう考えてもyoutubeを見てるだけで過熱で落ちることがあるっておかしいでしょ。
CPU温度見てると普通に使ってても70℃前後あるし…
前々からHP 2540pの冷却能力は無いと思ってましたがもうファン掃除もめんどくさいことこの上ないのでノートPCですが水冷にしてしまおうとw
水冷なんて構築したことないですが要は水枕とラジエーターとポンプ繋いで循環させるだけですしたぶん簡単ですw

真似しようと思った奇特な方ごめんなさい。中華通販で全て揃えたので国内で入手出来ないかもしれません。
まずノートPC用の水枕があるのかどうかですが、これまた中華通販のAliExpressを見てみると売ってるではありませんか。
まぁ大きさ、値段共にそんなもんか。
2週間ほどして届きました。
届いたものがこちらですが、商品画像と違います……中華なので使えればそれでいいです、はい。なんか指紋もいっぱいついてるし。
はんだかロウ付けかで接合されてます。
サイズ的にはこんな感じです。小さいのでノートPCにも入りそう。
AliExpressで買った80×80のラジエーター
これにファンがつきます。
そして水冷の心臓部、ポンプです。USBで2.5Wほどの出力があります。全揚程2.2mと結構圧力あります。
分解してみました。インペラがあります。ブラシレスモーターらしいですが寿命は未知数です。
ラジエーター800円、ポンプ500円くらいでした。
ファンとラジエーターを合体。
ポンプとラジエーターを繋ぎますが、ここで水を吸い上げてみると全く吸いませんw
どうも自吸揚程はほとんどないらしいです。
作戦を変更します。このポンプをリザーバータンクに入れてリザーバーと一体型にしてしまいます。これなら問題ないはず。
シリコンチューブつけました。この時点で水漏れ確認しておきます。
2540pバラしました。マザーボードです。
ファンと水冷を併用しようかと思いましたがどうもスペース的に収まりそうにありませんので水冷のみという事にしましょう。
チップセットとCPUが配置されてますが隙間あるので熱的に結合しなければなりません。
そこら辺に落ちてたATX電源から取ったと思われるヒートシンク。
切ってつけてみるとぴったり。
サーマルグリスをしっかり塗ってガラエポ基板でCPUと固定しますw
強度もあって安くて熱的にも耐えられて問題ないですw
セリアを漁ってたらこんなケースを見つけてしまいました。アルミ蓋ですが薄くて加工しやすいのでピッタリです。
容量は200mlだったかな。
そして次に電気関係の配線ですが、ファンコネクタから引っ張ってきました。回転数測定ピンを空けてますがファンエラーが出るかどうか。やってみないとわからないので。電流的にはUSBポンプ0.25A、ファン0.05Aなので問題ないです。
組んで水道水を入れて試運転しました。水漏れもなく、うまく循環してますやったー!ファンコネクタから電源を取ったおかげでPCと連動するので便利です。ファンエラーも出ませんでした。
CPU温度はアイドル時で35℃程度と全然違います。バッチェ冷えてますよ〜
そこで自動車用ラジエーターのクーラントを入れてみたのですがどうもあまり冷えない。粘度が水よりも少し高いせいであまり循環しなくなっていた。クーラントを水割りにしよう。

使用期限が2013年でいつ買ったのかわからない精製水を準備します。ま、未開封で飲むわけじゃないし使えると思います。
この後飲んだらとても飲めるような味ではなく不味かったです…


そしてこの後クーラントを1:1位で割りました。
吐出される水量も増えていい感じです。冷えます。

空冷よりも確実に冷えるようになりました。CPU使用率100%を連続してででも落ちることはあまりありません。
なんでこのPCは空冷でそんなに冷えないんでしょうね…設計ミスとしか思えないんだが????
何はともあれノートPCに水冷を導入できてよかったです。
やってみたいなんて奇特な方はいないと思いますが何かの参考になれば。

あとポンプは心臓部で壊れるとPCも停止してしまうので一応予備を購入しておきました。何しろ中華の怪しいポンプなので寿命が分かりませんから…
突然壊れるような気がします。

クソ眠いです………
最近はいくら寝ても眠い気がします。なんなんでしょうね…

とある日、3Dプリンタを起動しようと思ったらエラーで3DプリンタにPCから接続できないという症状に。
初めはソフト側でArduinoのドライバの問題かと思いましたが、よくよく調べていくと、どうやらArduino自体の故障だという結論に達しました。

はじめ、デバイスマネージャーが認識しないのでドライバの更新してみましたがダメ。
エラーコード43が出ていたので調べてみるとデバイス側でハードの故障らしいということが判明。ケーブルを交換しても症状が変わらなかったことからArduino自体の故障が確定しました。
Arduinoを外そうと思って持ってみると全体的に異常なほど熱い。すぐさま電源を落としたのは言うまでもありません。

基板を見渡してみるとレギュレータであるAMS1117が吹いた模様。どうやら突然死をすることがあるICのようで…
安いからといってこんな物採用しないでくれ。純正品なんだからさ。
そしてこんな奴手持ちにない…
AliExpressで売ってるけど3週間も待ちたくない…
あっ、そっかぁ。
78シリーズをつければいいんだ。
ピン配置が違いますが無理やりつけてしまいました。
なんかもう色々とめんどくさくなったので汚い感じに。レギュレータなのできちんと降圧してくれればそれで良い。
これで無事認識してくれるように………
マイコンやその他は無事でした。
ヨカッタヨカッタ



すみません…放置してました…
新年度で疲れるので更新が滞ってしまいます…
言い訳はこのくらいにしていろいろネタにしたいことは沢山あるんですけどね。
とある方から3Dプリンタのキットを頂きましたので、組み立てておりました。
現在はオートレベリングなどいろいろ改造されています。
ホットエンドも中華製ですが、E3D V6のコピーなんですかね???600円くらいの安物に交換されています。普通に使えますってかこの精度で600円で出せる事が驚きです。恐ろしい…
キューブなんかを基準として出力してみました。誤差0.1mm程度で問題ないようです。
フィラメントはメーカー不明ですが、スイッチサイエンスさんがAmazonで販売しているHIPS(耐衝撃性ポリスチレン)という材質のものを使っています。250°C程度で運用してます。
ABSと比べて無臭、収縮が少ない、着色がしやすい、などの利点があるようです。
単に安かったのでHIPSを買ってみたんですけどもw
HIPS、安くてオススメです。機構部品のプリントにはうってつけだと思います。
近接センサによるオートレベリング機能の搭載。これでいちいちZ軸の調整をする手間から解放されます。これは良いです。取り付けにあたっては日本語解説サイトがそこまでないので苦労しました。気が向いたら記事にでもしようかと思います。

あっ、そうだ(唐突)
HIPSを使おうと思ってヒートベッド温度を100°Cまで加熱しようと思っても60°Cまでしかオリジナルの状態では上がりませんでした。HIPSは少ないといえど収縮するのでベッド温度60°Cでは低い…
ということで単純に発熱量を増やすには電圧を上げて電流を多く流せば良い。
と、ちょうど良いことに24V、320Wのスイッチング電源があるではないですか。
ヒートベッドのみ外部電源に出来ないかとネットを漁っておりますと、いろいろ参考になるものが出てきますねぇ…
フォトカプラとMOS FETでこんなものを作ってみました。回路図と製作記は次回書きたいと思います。
ガルパンはいいぞ。
劇場版から入ったガルパンにわかですが、おもしろくて思わずアニメ全話とラジオCDも聴いてしまいました。
サントラも概ね揃えて聴いてます。GOING PANZER WAY!と西住殿のInfinity Orbitが泣けてきますね…ほんと…
県立大洗女子学園の校章をモデリングしてプリントしてみました。
いい感じにできましたが、まだ不満があるので少し改良したいと思います。
黒森峰女子学園の校章も。明朝体の横棒が細くてすぐ折れてしまいます。こればっかりは仕方ありません。
次はどこの高校の校章を作りましょうかね。


とまぁ、いろいろやって楽しんでるわけですよ。プリントやら改造やら…
3Dプリンタおもしろいですね。ポンと下さった某氏に感謝です。ありがとうございます。

それではこの辺で

すみません
放置してました…
ネタはたくさんあったんですけどね…
タイトルにある通り今回はアリエクスプレスから買ったトランジスタテスターキットを組み立ててみました。
実は届いたのは2か月くらい前なのですが、組み立ててもまともな動作をしないのでめんどくさくなって放置してました。でも突然原因究明をしたくなって、改めてみたら速攻で原因がわかり草生えましたww
なんであの時の僕はわからなかったんだろうなぁ
もちろんこのキットは中華製なので説明書は一切ありません。そのかわりウェブ上に英語ですが説明書的なページがあります。
まあ、先に言っちゃうと筆者が説明書をよく読んでいなかったのが原因でしたね。

トランジスタテスターとは言ってますが、これマルチデバイスチェッカーって言ったほうがしっくりくるかも。
測定範囲
抵抗 0.1~50M
コンデンサ(ESR測定) 25p~100000μ
インダクタンス 0.01m~10H
トランジスタ(NPN、PNP、HFE、Vf)
FET(ゲート容量、Vt)
ダイオード(Vf、端子間容量)

たぶん測定範囲はこんなもんです。
このキットは日本円にして1300円くらいです。
この機能なら安いのではないでしょうか。

よくあるビニールの袋に入って到着しました。


IMG_4520
袋から出したところです。
部品点数はそこまで多くありません。
IMG_4522
基板表です。
マイコンはATMEGA328です。
これを見てもわかるように基板には部品の値がシルク印刷されており、説明書を読まずとも組み立てられます(死亡フラグ)
IMG_4521
基板裏です。
基板はガラスエポキシの両面で品質は悪くないです。
IMG_4525
サクッと組み立ては終わってしまいます。1時間くらいでしょうか。
この時点で組み立てはあるところが間違っていますが筆者はこの時点では気づいていません。
あるところというのは後述。
完全に液晶とマイコン載せてサクサク完成すると思ってました。
IMG_4524
マイコンにかかる電圧を測定して5VだったのでOK。
IMG_4527
プログラム書き込み済みマイコンを載せて...
IMG_4526
液晶にピンをつけて....

IMG_4536
いざ電源を入れてみると...
Timeout!
なんだこれ。まともに測定できません。
URLにあった説明書をよくよく読んでみると…(ここで初めて説明書読む)S1のスイッチの取り付けが反対だったことが判明。
これは間違ってる画像。
スイッチの真ん中の突起がシルクの通りになら無いといけない。
シルクのラインと突起が合ってます。これが正解です。
両面スルーホール基板なので抜くのが大変だった…
ここに気をつければあとは間違えるポイントはないですね。作りやすくいいキットだと思います。
以下各種測定画像
PNPトランジスタ
IRFP260
詳細不明インダクタ。20μHとなっている。抵抗値も測定されるがこれは信用し無いほうがいいと思う。
100μFの一般用105℃電解コンデンサ。ESRも測定できて便利だと思う。
1N4007。ダイオードの接合容量もわかる。
50kΩの多回転VR


とまぁ、多機能なチェッカーで部品取りしたパーツを使うアマチュアには安くてありがたい測定器だと思います。
そこまで精度要求するわけでもないですし。
スイッチ一つで自動判別してくれて便利なのですが、コンデンサの微小容量とか1Ω以下の抵抗値なんかは信頼性があまりなさそうです。
でもこれがあるのとないのでは結構違うので使える測定器に仕上がっていて良かったです。
これは基板むき出しなのでタカチか何かのケースに入れて使いやすくしてあげたいです。













↑このページのトップヘ