カテゴリ: 電子工作

お久しぶりです。生きてます。
ボール盤の分解整備やら色々やっていたんですが正直なかなかブログを更新する気力が起きませんでした… それらは追々記事にしていきたいと思いますよ

今回は正しい延長コードの作り方とタイトルにありますが、その通りです。
ネットの記事を見ていると危なっかしい作り方をしていたり色々ありましたのでここで正しい延長コードの作り方を記事にしておきたいと思います。
IMG_20180713_201128
これは長年の使用によってコードの根本が断線気味になっていたものを切ったものになります。それにパナソニックのベターテーブルタップを取り付けて修理しようかなと。
IMG_20180713_201337
それに今回はR2-3.5という圧着端子を用います。圧着端子は丸型を使ってください。Y型などもありますが、万が一端子が緩んだ際に外れるのを防止するためにも丸型圧着端子を使いましょう。
電源系は大抵丸型圧着端子です。
IMG_20180713_211008
それに圧着工具も必要です。ラチェットや刻印がないようなエセ圧着工具ではなくJIS規格のラチェットがついた圧着工具を使いましょう。画像のものはニチフ純正ですがメーカー純正でなくともJIS規格のもので十分です。

圧着工具が無い場合はネジに直接電線を巻きつける巻締接続のほうが適当にペンチなどで圧着するより信頼性は高いと思います。無理に圧着工具を使わないように。
しかし原則圧着端子接続です。

IMG_20180713_201350
真ん中のネジを外すと分解できます。
IMG_20180713_201819
コードを割いて大まかな長さを印をつけて測っておきます
IMG_20180713_202605
いい感じの長さを測ったら被覆を剥いて圧着端子に通します。芯線は傷付けないよう気をつけて。
その際に圧着端子の両端から1mm程度出るように圧着しましょう。
IMG_20180713_202753
IMG_20180713_202812
圧着できました。
IMG_20180713_204029
ねじで締めていきます。極性はありませんのでどちらにつけても良いです。黒白と色分けのある電線の場合は銀色のネジ(Wとある)に白線を結線しましょう。
WはWhiteのWです。接地側には白線を使うと決められています。

締め付けトルクは0.8〜1.0N/mとなっていますがトルクドライバーなんて持ってません。
なので、少しキツイかな位でやめておきます。思いっきりドライバーで締めると破損します。
IMG_20180713_210002
最後にねじを締めて完成です。
黄色のチューブは熱収縮チューブでコード根本の断線防止に入れておきました。

次に巻締め接続の手順です。
IMG_20180713_203303
ちょっと長めで20mm位剥いておきます。その後、ほどけないよう強めに捻っておきましょう
IMG_20180713_203729
必ず右向きに巻き付けます。ネジが締まる方向と同じです。もし反対にしてしまうとネジを締めたら電線が戻されてうまく結線されません。

電線を巻き付ける量ですが、ネジに対して3/4以上1以下と言われていますので多すぎても駄目、少なすぎても駄目です。
また被覆はネジに噛まないよう気をつけます。

また、輪を作った後にハンダ付けしてネジを締めている事例がありますがこれも駄目です。ハンダは柔らかいので経年劣化で接触不良を引き起こします。

素直に巻きつけるだけでいいです。

これらは電気工事士の資格がなくとも問題ありませんが、正しい知識と技能が必要です。
素人工事で電気火災を起こされても困りますので…
電気は正しく使いましょうね。 

それではまた!

長らく記事を書いておらずすみませんでした。
色んな事をしているのですがなかなか記事更新までモチベーションがあがらないです…
そろそろ飽きてきたと思われるコンプレッサー修理ネタですが、コンプレッサー修理完了したので完結編とします。
IMG_20180108_112234
レギュレーターです。付属のレギュレーターでは何回つまみを回しても圧力変化せずただの飾りでした。
このレギュレーターも500円という安物ですが一応データシートなんかもありましたしマトモそうです。
IMG_20171229_151503
IMG_20171229_162959
エアータンクの水抜き弁もネジを回すタイプからボールバルブに交換
このボールバルブ100円なんですよ安すぎ。チャチ過ぎてエア漏れ心配だったが気になるほど漏れてないようだ。
IMG_20180204_110941
100円ボールバルブに気を良くしてまた購入。今度はレギュレーターを取り付けるついでにバルブを挿入しようかと。
IMG_20180204_112043
全て外し終えました
IMG_20180204_123533
エアーカプラを取り付けたところでなんとバルブが折れてしまいました。ほとんど力入れてないのに…
ここまで組み付けておいてバルブ破損とはイライラしますね…
IMG_20180204_124816
こんな奴はハンマーで叩いてこうしてやる!
薄い合金だこと…
Screenshot_2018-02-04-13-15-29
バルブどうしようか…国産のKITZとかの高級品にしようかと思ってたところ300円の中華バルブではどうかと悪魔の囁きがありまして…
買っちゃいました。

結果、取り付けたところ問題なさそうでした。100円と比べて肉厚がまるで違うようで、あのバルブは地雷だということが勉強になりました。
これからこのコンプレッサーはタイヤ交換や各種DIYに活躍してくれそうです。

IMG_20180205_213744
IMG_20180205_220343
IMG_20180319_213945

透明なスケルトンブレーカーなんか売ってたので珍しくて買っちゃいました
ブレーカーが遮断する仕組みがよくわかります。

それではまた

最近色々な事がありまして…ブログ更新できておらずすみません…
ネタは書ききれないほど溜まってましてオクで初期不良ありで格安中華コンプレッサー買って修理したり中華インバーター溶接機買ってみたり中華可変安定化電源買ったりと買い物ネタは色々溜まっててちょっと紹介しきれていないんですけどもそのうち気が向いたら記事にしようと思います。気が向くかは知りませんが。コメントで催促してくれたら書くかも。
今回の記事は中華シリアル通信付きデジタルマルチメーターの購入記事です。毎度おなじみの製品レビューになってしまいました
これがまた有能な製品だったんですよ!
[画像:b99ae394-s.jpg]
WH5000とか言うメーカー不明なデジタルマルチメーターなんです。
AliExpressで3000円くらいでした。
こいつの購入ポイント

3000円という低価格
TRUE-RMSの通り真の実効値方式
バーグラフ表示もある
ACレンジとDCレンジが分かれている
USBシリアル通信が出来る
CAT Ⅲ対応
マニュアル、オートレンジ切り替え
など…

3000円とは思えぬ高機能っぷり
この中でも結構重要なのに中華テスターだと多いのがACとDCレンジが共通でセレクトかなんかのキーを押して切り替えるタイプ
これは使い勝手が悪くて嫌いなのでACとDCレンジは分かれている方が良いです。こだわりポイント。マジで分かれているだけで使い勝手が全然違う。

[画像:8a3bf17d-s.jpg]
電池は006P
ヒューズに速断ヒューズを使ってます。普通のガラス管ヒューズじゃありません。

[画像:2dd476e6-s.jpg]
中身としてはこんな感じ。特に目立った不良もないですかね…
[画像:04be50c3-s.jpg]
結構大きいハンダボール落ちてました…この辺は流石といったところ。

[画像:d0ed8b3a-s.jpg]
メインICはFS9922でした。中華テスターではお馴染みです。
こんなに安くて真の実効値方式なのか疑問でしたがFS9922-DMM4のデータシートをよく読んでみると平均値整流方式の他に真の実効値方式のリファレンス回路が載ってます。基板を見てみるとリファレンス通りの回路構成のようです。真の実効値方式で間違いありませんでした。
[画像:1c2106bb-s.jpg]
電圧は…こんなもんですよね。問題なし。

サンプリングも3回/sと特に遅くもなく。
3000円でこれが買えるとは思いませんでした。久しぶりに中華製品で当たりが出たと思いますよ
欲しい人はアマゾンでも売ってますのでぜひ!
USBシリアル通信付きで簡易データロガーにもなりますし。

デジタルマルチメーター Kuman 多機能電気測定器 AC/DC電圧・電流・周波数・抵抗・導通測定テスター ライブラインテスター 過負荷保護 データホードル機能搭載 バックライトLED付き 携帯便利 https://www.amazon.co.jp/dp/B075XK6V1N/ref=cm_sw_r_cp_apa_J0SiAbE9RXGBE

それでは

前回、中華製圧着工具の検証を行いました。過去記事漁ってください。裸圧着端子の工具でしたが、やっぱりクリンプハイトが足りなくて圧着が甘かったです。
今回、ニチフ純正で絶縁閉端子用の圧着工具を手に入れましたので手持ちの中華製圧着工具と比較してみたいと思います。
結果はいかに????

青グリップが眩しいニチフ純正圧着工具。JISマークは当然ありません。
絶縁閉端子というのは端子側にはJIS規格がありますが、圧着工具本体のJIS規格はありません。そのためJIS規格の絶縁閉端子用圧着工具は売っていないわけです。
中華圧着工具代表はこいつ
某通販で買いました。過去記事漁ると出てきます。
ニチフが手持ちになかったので中華CE1で勘弁してください…
圧着した結果は左がニチフ純正、右が中華
一目瞭然でクリンプハイトが足りてないのがわかります。
やっぱり中華圧着工具はダメでした。大人しく信頼できるメーカー(マーベル、ロブスター、ホーザン…)の圧着工具を買うに越したことはないです。
しかし…中華圧着工具と中華圧着端子の組み合わせでもこの結果という事は現地ではきちんと使えてるのか???恐らく現地でも使えてないと思うんですけどどうなんですかね
中国とかこんな圧着工具で電気工事してるのかと思うとちょっとゾッとします。

KiCADを使ってガーバーを出力する手順をすぐ忘れるので自分へのメモも兼ねた記事です。今回は。
まずFusionPCBはとにかく安い中国の基板屋です。前まで50㎜×50㎜の2層で$9.9だった気がしますが今見てみると100㎜×100mmで$9.9になってますね、、、安い、、、基板のレジスト色も緑以外でも無料になっています。値下げしたんでしょうかね。

まずKiCADで基板を完成させます。当たり前ですね。

KiCAD4

KiCADの編集からプロットを選択します。

KiCAD2
ガーバーデータが出力されるので好きなディレクトリに保存しましょう。レイヤはチェックマークのあるところのみ出力すれば問題ないです。
製造ファイル出力の隣にあるドリルファイル出力を押してドリルファイルも出力しましょう。
KiCAD

好きなディレクトリを選んで画像のようにチェックマークを付けるとドリルファイルが生成されます。

KiCAD3
そして完成した出力ファイルはこちらです。
元々のドリルファイルは.drlという拡張子だったと思いますが、これを.txtに拡張子を変更してすべてのデータが出そろいました。出揃ったらzipで圧縮してFusionPCBに投げましょう。
基板の色とか基板の厚さなど選べますが好きにしてください。赤色の基板とかかっこいい感じです。真っ白でもいいかもね。
ガーバービュワー
FusionPCBのwebに親切なことにガーバービュワーが用意されているので正しいファイルが出力されているかを確認しましょう。たいてい回路のミスやシルクのミスはこの時点では気づきませんw
製造が始まってキャンセルできないところまでプロセスが進むとようやく間違いに気づきます。

写真 2017-02-14 19 20 57
写真 2017-02-14 19 21 17
注文してから製造、最安の配送方法を選択したときの日数はうまくいけば20日前後で届くはずです。
画像はFusionPCBに注文した基板の表と裏。
写真 2017-02-14 19 22 59
写真 2017-02-14 19 23 26
写真 2017-02-14 19 23 48
いろんなランドの拡大
長穴加工も問題なし。
写真 2017-02-14 19 24 11
写真 2017-02-14 19 24 43
写真 2017-02-14 19 25 51
一部ちょっと荒いかなと思うシルクもありますがこれも問題なし。
ガバガバレビューですがこんなもんでした。
趣味用途では十分な品質と価格です。助かります。
半年も見ないとサイトのレイアウトなど更新されてるのでちょっと戸惑いますがFusionPCBは下記です。

それじゃあこんなもんで~

↑このページのトップヘ