廊下の電気を点けるとチラチラしておかしいとのこと…
使われているのは100均電球型蛍光灯なのでとうとう切れたかと思って見て見ると切れてました。
使用時間はおよそ1年5ヶ月、5000h程でした。
寿命は6000hです。寿命を全うしてませんね。
ただ、蛍光管のEC黒化はあまり見られないのでこの症状から電解コンデンサの容量抜けと見て分解してみた。
この分解の瞬間がワクワクして楽しいんですよね~

イメージ 1
これですね
武田コーポレーション製です。電球型蛍光灯として売られてますがどう見ても電球には似てない…まぁいいか。

イメージ 2
口金をペリペリ。

イメージ 3
口金の内側はこのようにハンダ付けされてるんですね。前まで口金と共に挟んでいたんですが品質が上がったのですかね

イメージ 4
うわw
案の定ぷっくりしてますねw
俗に言う?妊娠ってやつです。
もう容量抜けしてます。使えません。
チラチラした原因はこれですね。

イメージ 5
ケースをバキバキして取りました。
全て片面実装です。コスト的にも有利なのでしょうか。しかし100均電球型蛍光灯でもSMDを使ってるのもあるけどなぁ。
前はTO-92パッケージのトランジスタだったのですがパワートランジスタになってます。

イメージ 7
基板裏
ハンダ付けはまあまあ綺麗です。

イメージ 8
しかしはんだクズはショートの原因になるので好ましくありません。

イメージ 6
ワイヤーラッピングです。特に問題では無いですね。
ただ、これは裸線なのでチューブをかぶせて欲しいのが1つ…

イメージ 9
なんかこんなものを発見

イメージ 10
ヒューズでした。変わった形だなぁ…
0.5~1Aくらい??

イメージ 11
ちなみに電解コンデンサのロゴはCTでした。聞いたことありません。

イメージ 12
125℃対応でびっくり!
品質は…言うまでもないですが。
100均の物に高温度対応が入っていることに驚きです。
理論上、電解コンデンサ寿命が1000h品でも周囲温度が60度だったら蛍光管の寿命6000hを全うするはず。
今回、5000h程で寿命を迎えたので不良電解コンデンサの目安寿命と殆ど一致する。
この電球型蛍光灯は電解コンデンサ以外にはあまり不良は見当たらないので電解コンデンサを良質な物に変更すればそこそこ使える物になるんだけどなぁ。なんか勿体無い。

100均は価格との勝負もあるので難しいんですかね

モバイル機器を外に持って行く機会が増えたり、災害時の備えや外での明かりなどモバイルバッテリーが欲しいと思うことがあり、今回Amazonに安くて容量がそこそこある物を注文。
ついでに互換格安Lightningケーブルも注文。
この記事でもまただらだらと届いた物をレビューしていきたいと思います。
先ずはモバイルバッテリーから。

イメージ 1
NEO M1というモバイルバッテリーを購入しました。
購入当時¥1500ちょっと。しかも容量は8800mAhというコスパのよさ!
しかし少し時期によって値上がりしてるようですがそれでも安いですね。

イメージ 3
ポーチと充電用ミニUSBが付いています。

イメージ 2
出力は2.1AもあるのでiPadなどの充電電流が大きいものでも充電できます。
安い物は中国製ですので砂袋とか容量を詐称してるかもしれません。

イメージ 4
と言うことで分解しましたw
もちろん中をみた後はもどしますが。
ぱっと見悪くなさそうです。

イメージ 5
バッテリーは18650が4本並列です。
バッテリー交換が楽そう
3.7V、2000mAhですね。
公称8800mAhでしたがすこし少ないような…

イメージ 6
制御基板です。
昇圧、充電制御、過充放電防止回路があるようです。
ハンダ付けの状態も良好ですね。
寿命を左右する電解コンデンサを使ってないのも評価出来ます。一応、電圧波形をみてみましたが、特に問題ありませんでした。
とてもコスパの良い商品でオススメです。
満充電の状態からiPhoneが3~4回も充電出来ましたし。
この回路の効率は70~80%でしょうね。

イメージ 7
次はこれLightningケーブルです。
Hanye Techという中国メーカーの物です。
1本¥190程と格安でした。
とにかく安くて一番まともに使えそうなこいつをチョイス。
開封後の画像ですみません

イメージ 8
左、Hanye Techと右、Apple純正Lightningケーブルの比較。
少し、純正よりも大きめですがUSB側なので問題になることはなさそうです。

イメージ 9
うら。
Hanye Techの文字があります。

イメージ 10
充電端子側。
Hanye Techのほうが大きいです。iPhoneのケースによっては干渉することがあるかもしれません。

このケーブルでiPhone5cに充電してみましたが、普通に充電されました。
この手の格安互換Lightningケーブルには充電電流が少なく充電時間がかかるという物があるらしいですがこのケーブルは純正ケーブルと遜色なく、まともに使えてます。
あとは今後のアップデートでどうなるかと耐久性が気になるところです。

今回紹介したように格安でも使える商品はあります。
しかし中には粗悪品と言われる商品もたくさんあります。
格安の中でも使える物と粗悪品の判断が大事ですね。
それではまた!

    どうも最近、進捗が無い筆者です。 ここ最近、ブログの更新頻度もだだ下がりでしょうか…まぁ、気のせいですよね。 あえてしたことと言えばATX電源の分解くらいでしょうか。ATX電源の分解なんてここの読者には今更感があるので記事にはしませんでした(おいおい しかし、今回の記事はドライヤーの分解です。 そう! 分かってる人はこういう ドライヤーなんて単純でおもしろくねーと。 どうせ電熱線とブロアーと切り替えスイッチだけだろなんてね。 でも、今回分解してみて分かったんです。ドライヤーがおもしろいってことがw ちなみにドライヤーは接触不良のような動かすとついたり消えたりする症状で捨てるところを拾いました() それでは行きましょうか  


    今回のブツです  


    ナショナル製で製造年は1996年

      

    パカッと開けてみた。 思ったよりぎっしり詰まっている。温度を可変するための可変抵抗とコネクタ、そしてコンデンサ  ドライヤーの強力な風を送るシロッコファン モーターがなかなかおもしろい物だった どこがおもしろいのか後述  


    ここは設定温度を表示するLEDです 何かのICも見受けられます  


    発熱体を取り出してみた まぁ、特にこれといって書くことも無いでしょう。雲母板に普通のニクロムヒーターです。  


    この辺、トライアックあたりです。 トライアックはM1241Mと印字がありますが、どうもデータシートが見当たりません 某氏にこんな物を教えてもらいました。 ありがとうございます。

    http://pdf.datasheetcatalog.com/datasheet/Sanken/mXyzvyxx.pdf

    これを見ると12Aのトライアックですね。 このドライヤーは1200wですから定格一杯で使っていることになります。 その割りにはヒートシンクが極小ですが、常に空冷なので問題は無いのでしょう。 それでももう少し余裕を持たせてくれると精神衛生上いいかな( ̄ー ̄;  と、そのトライアックの下にTO-92のトランジスタのような物が見えます。 正面から見てみましょう  


    正面です。 N313と印字があり、真ん中の端子は使われていません。 これはトライアックのゲートに直列接続されているのでダイアックと予想していますが、データシートが発見出来なかったのでわかりません。  しかしダイアックだとしたら見たことのない形状。 


     これはバイメタルスイッチでしょう。 ある一定の温度に過熱すると電源を遮断するようです。  


    デカいヒューズのような物もありました。 実装場所からして、おそらく温度ヒューズかと思われます。何も記載が無いのでわかりません。 それにしてもデカいなw  


    んで、このシロッコファンのモーターを摘出しました。 このモーター、見かけはDCモーターみたいですがなんとACモーターなんです!?  


    背面に整流用のブリッジダイオードを背負っており、直接AC100Vを突っ込める訳です。 中身はDC100V位のモーターなんでしょうね。ブラシもバッチリ見えたし。 新電元のSIVB60というブリッジダイオードですね。600V1Aという仕様です。 しかし、何故このファンモーターにこのような特殊なモーターを用いたのか筆者の低脳な頭ではわかりません。 交流モーターの方がブラシも無いし騒音も少ないしメンテナンスフリーなのでいいと思うのですが…  今回のドライヤー分解は割と部品が詰まっていたし、ドライヤー独特の部品配置や部品がありおもしろかったですね~。  それじゃ、またねー 

    ↑このページのトップヘ