例のラジオ少年のキット、KIT-210を組み立ててみたので中学生向けのキットらしいですが、充分な組み立て説明書が無いので詳細にレポートしておきます。
中身は中国語の不親切な説明書なのですが、割とすんなり組めました。
キットは組み立てると決めたらバババッと組まないとおもしろくないからね。
だらだら時間をかけて組み立てるの嫌い。
このキットはもうトランジスタストレートラジオを卒業した方向けのほぼ無調整ラジオって感じでしたね。
今回は初心者向きの手順を詳細に解説した記事です。自力で組み立てたい人はここから下はみない方がいいです(爆

まぁ、いってみるとしますか。
銘板は好きな時につけてくださいねw
まず最初にSOP-16のICを取り付けちゃいましょう。
最初にしないと取り付けが苦しくなります。

イメージ 1
取り付けた画像
詳細にハンダつけの仕方もUPします。

イメージ 2
まずはこのようにパターンに予めハンダを盛っておきます。

イメージ 3
そしたらICを置いて、対角線をハンダつけして固定してからその他の足をハンダしてICは完了です。
隣とくっつかないように注意してください。
その次に抵抗、コンデンサと背の低い部品からハンダつけを進めていきま
す。
電解コンデンサとバリコンは極性や向きに注意です。
抵抗は小さいのでデジタルテスターで抵抗値を確認してからハンダつけする事をおすすめします。
基板に値が印刷されているので間違う事は無いと思います。
※3K3→3.3kΩです。

イメージ 4
このように富士山型にハンダがついたらOKです。丸いイモハンダではダメですよ。

イメージ 5
アンテナコイルはこのようになってますから、組み立てて基板に取り付けます。

イメージ 6
こうなります。フェライトバーがグラグラするときはエポキシ接着剤で固定してもOKです。

イメージ 9
コイルの線はこの穴から通します。

イメージ 10
そしてここへハンダつけ。

イメージ 7
バリコンには向きがあるので注意です。
画像の向きを参考に。

イメージ 8
コイルは2つありますが、左の短いほうが7T5、右の長い方が8T5に取り付けます。
ここで注意です!
7T5は部品面に取り付けてもいいですが、8T5はパターン面に取り付けてください。これを間違うと完成時のFMの調整が出来なくなります。
実際、筆者は8T5のコイルも部品面につけてしまい慌てて修正しました(^^;;

イメージ 13
LEDの向きも確認。
LEDは実際に基板を合わせてみて長さを決めましょう。

イメージ 11
ジャンパー線も忘れずに。ニッパーで切った脚などで構いません。

イメージ 26
基板が完成しました。
ちなみにLEDのカバーは付いていません。筆者の手持ちです。
ここまでハンダつけお疲れ様でした。
コーヒーでも飲みながら一服でもしますか。
ここで、みのむしクリップなどで仮配線して動作確認する事をお勧めします。
ちなみにアンプICは100均アンプでお馴染みのTDA2822でした。
AMラジオICはCD7642という三端子ラジオICです。初めてCD7642は見ました。

イメージ 27

イメージ 28


イメージ 12
スピーカーはエポキシ接着剤などで接着。

イメージ 29
バリコンにはこのつまみを使います。

イメージ 30
こちらはボリューム用です。

イメージ 31
このネジを使います。
ネジは短いほうがボリューム、長い方がバリコンです。

イメージ 32
ここまで画像で確認してください。
バリコンには指針を共締めします。

イメージ 33
ロッドアンテナ。

イメージ 34
ラグ端子をこのように加工し、いちばん短いネジを使って締めます。

イメージ 35
こんなふうにラグ端子→ロッドアンテナの順に重ね、締めてやります。

イメージ 36
電池の端子を取り付けましょうか。

イメージ 14
長い方をこちらへ取り付けます。固いですが、最後まで押し込んでください。

イメージ 15
小さい方を位置が間違わないようにして取り付けてください。

イメージ 16
そしたら、最後に配線をして完成です。白い線は電源のマイナス以外に使います。

イメージ 19
最初にスピーカーの線をつけましょう。ここは最初の方が無難です。
そしたら基板をケースの上に載せます。

イメージ 17

イメージ 18
次にロッドアンテナのラグ端子から基板上のANTにハンダつけしてください。

イメージ 20
スピーカーの線はここです。スピーカーには+、-の区別がありましたが、今回はモノラルですので無視してもらって構わないです。

イメージ 21
電池ボックスの+から(バネが無い方)基板上のここへ。

イメージ 22
電池ボックスの-から(バネがある方)基板上のこちらへ。

コレでようやくすべての配線が終わりました。
ここで、FMの調整をしてしまいます。調整と言ってもそんなに難しいものでは無いので気楽に。
そのままだと指針の周波数と実際の周波数が合いません。
まず、みのむしクリップで乾電池から電源を仮配線してつけます。
調整方法は、基準となる放送局の周波数に8T5のコイルを伸ばして指針と実際の周波数を合わせます。
筆者の地域は山形で80.4MHzなので、80MHZ付近に指針を合わせればよいです。
AMは調整をする箇所がありません。

イメージ 25
筆者の場合はこのようになりました。

お疲れ様でした。あとはネジを締めて完成です。
ラストスパート行きましょう!

イメージ 23
あとはこのネジが残りました。

イメージ 24
ネジの短いほうは画像の青まるに、長いほうは赤まるに締めましょう。ここも間違わない方がいいです。


イメージ 37
どうですか?完成しました!

電池をいれてボリュームをあげてみます。
上手く同調させると放送が聞こえて来ます。自分で組み立てたラジオで聴くのはやっぱりなんとも言えない達成感と満足感などで良い気分ですね^_^

放送も筆者は送信所から30kmくらい離れているのですが、AM、FMともに良好です。特に問題ありません。
ただ、AMの選択度、分離は決して良くは無いですかね。まずまずといったところでしょうか。三端子ラジオIC
  なので仕方ないですね
FMは受信範囲が広いために選局がややクリチカルですが、大丈夫な範囲です。
久しぶりに良いキットに出会えました。これ、オススメです。

いやー、初めてオシロを手に持ってテンションが高い筆者ですが関係無く行きましょう。
前々から波形みれたら便利だったなーと思っていて必ずしも必要では無いですがあれば便利な測定器です。プロなら必携だと思うんですけどね。
それで、ひょんなことからオシロスコープが欲しくなり秋月にポチりました(^^)
なんせ筆者は初心者に毛が生えた程度のレベルなのでアレですが…

イメージ 1
ヤマトさんが運んで来た荷物はこれ
左側がオシロキットです。

イメージ 2
開封の儀
なんと英文ですが丁寧にマニュアルが2冊もあるとは思っていませんでした。
片方が作り方的なやつでもう片方が使い方のマニュアルみたいな感じでした。意訳していけました(^_^)
あと、最新のバージョンに基板もプログラムもなっているようですね。ネット上ではあまり見ないタイプです。最新のバージョンで良かった。

イメージ 4
パーツは中国的にぐちゃぐちゃ入っているので下の画像のようにザックリと仕分けた方があとあと実装し易いです。

イメージ 3
ザックリと仕分けました。

イメージ 5
メイン基板です。片面基板ではなくスルーホール基板なので間違うと取り外しにくいです。間違えないようにしましょう(戒め

イメージ 6
先ず背の低い整流ダイオードから実装していきます。ちなみに1N4007でした。

イメージ 7
次に三端子レギュレーターを取り付けます。画像のように足を曲げます。

イメージ 8
このネジとナットを使います。

イメージ 9
ヒートシンクとこのように取り付けます。

イメージ 10
こうなりました。筆者は手持ちに放熱シートと絶縁ブッシュがあったので取り付けてますが、本来はついて来ません。あれば付けた方がいいと思います。

イメージ 11
電解コンデンサはこのようにプラスがシルク印刷されてて進化したんだなーと感じますwwww

イメージ 12
電解コンデンサは中国メーカーの安っぽいやつなので、これは使わずルビコンの低ESRコンデンサをつけます。ノイズ対策。電源周りは大事ですw
入力コンにはMB用超低ESR電解コンデンサを使いました。スイッチングACアダプターでも大丈夫です。

イメージ 13
全て実装しました。
その後、電圧を測定ポイントで測定します。

イメージ 14
ほぼ5Vでした。バリバリOKです。

イメージ 15
電圧測定がOKならジャンパー線をハンダつけすることを忘れずに。

イメージ 16
ピンヘッダです。

イメージ 17
液晶です。これも秋月取り扱いの物に変更なったようですね。

イメージ 18
こちらにピンヘッダの短い方を差し込み垂直にハンダつけします。垂直に!! 
筆者は垂直についておらず少し斜めってたので取り付けに苦労しましたw

イメージ 19
2ピンのピンヘッダはこちらに。これも垂直に!!

イメージ 20
ここのパーツの足は極力短く切ります。液晶と当たってショートしないようにです。

イメージ 21
ここはピンの間隔が狭いのでハンダブリッジしないように気をつけてハンダつけします。

イメージ 23
ここも忘れずに。発振器です。

イメージ 22
最後にタクト、スライドスイッチをつけて完成
この状態でテストしてみましょう。筆者は電源にリサイクルショップから100円で買ってきた9V、0.25AのACアダプターを使っています。
そこで12V電源をつけるとヒートシンクが熱々で触れない程になるらしいです。
筆者はそんなことはなく、ヒートシンクはあったかい程度でした。

イメージ 24
電源スイッチは無いのでwACアダプターをコンセントに差すとこのような画面がでます。もしでないならコントラスト調整をするといいでしょう。

イメージ 25
コントラスト調整の半固定抵抗です。筆者は見やすい位置に調整しました。

イメージ 26
こんなのが出て…
とても液晶は綺麗で見やすいです。画像以上に。

イメージ 27
こうなります。ここからテスト波形を測ろうとしたが波形が出ない…
周波数はちゃんと測れてる…
さぁ困ったぞ。いろいろチェックしましたが組み立てはOKのようです。
とあるサイトを見ると使い方が載ってました。
少し弄らないといけないようです。
ここがとても参考になります。
http://tylercsf.blog123.fc2.com/blog-entry-237.html?sp
悩むこと小一時間

イメージ 28
やっと波形が出ました!これは内蔵の発振器の波形です。

イメージ 29
周波数は500Hz程度でした。

イメージ 33
そしてキットのパーツで簡易プローブ製作♪

イメージ 30
のこぎり波だったり

イメージ 31
正弦波だったりいろんな波形を測ってみました。
イメージ 32 手に乗るくらいコンパクトです。

このオシロスコープを使いこなせるようにもっと技術を身につけないとダメですね~。
そのうち高圧プローブも作りたいと思います(^_^)
高性能なオシロスコープでは無いですが筆者にとっては充分な性能ですね
電子工作ライフがますます充実しそうです。

廊下の電気を点けるとチラチラしておかしいとのこと…
使われているのは100均電球型蛍光灯なのでとうとう切れたかと思って見て見ると切れてました。
使用時間はおよそ1年5ヶ月、5000h程でした。
寿命は6000hです。寿命を全うしてませんね。
ただ、蛍光管のEC黒化はあまり見られないのでこの症状から電解コンデンサの容量抜けと見て分解してみた。
この分解の瞬間がワクワクして楽しいんですよね~

イメージ 1
これですね
武田コーポレーション製です。電球型蛍光灯として売られてますがどう見ても電球には似てない…まぁいいか。

イメージ 2
口金をペリペリ。

イメージ 3
口金の内側はこのようにハンダ付けされてるんですね。前まで口金と共に挟んでいたんですが品質が上がったのですかね

イメージ 4
うわw
案の定ぷっくりしてますねw
俗に言う?妊娠ってやつです。
もう容量抜けしてます。使えません。
チラチラした原因はこれですね。

イメージ 5
ケースをバキバキして取りました。
全て片面実装です。コスト的にも有利なのでしょうか。しかし100均電球型蛍光灯でもSMDを使ってるのもあるけどなぁ。
前はTO-92パッケージのトランジスタだったのですがパワートランジスタになってます。

イメージ 7
基板裏
ハンダ付けはまあまあ綺麗です。

イメージ 8
しかしはんだクズはショートの原因になるので好ましくありません。

イメージ 6
ワイヤーラッピングです。特に問題では無いですね。
ただ、これは裸線なのでチューブをかぶせて欲しいのが1つ…

イメージ 9
なんかこんなものを発見

イメージ 10
ヒューズでした。変わった形だなぁ…
0.5~1Aくらい??

イメージ 11
ちなみに電解コンデンサのロゴはCTでした。聞いたことありません。

イメージ 12
125℃対応でびっくり!
品質は…言うまでもないですが。
100均の物に高温度対応が入っていることに驚きです。
理論上、電解コンデンサ寿命が1000h品でも周囲温度が60度だったら蛍光管の寿命6000hを全うするはず。
今回、5000h程で寿命を迎えたので不良電解コンデンサの目安寿命と殆ど一致する。
この電球型蛍光灯は電解コンデンサ以外にはあまり不良は見当たらないので電解コンデンサを良質な物に変更すればそこそこ使える物になるんだけどなぁ。なんか勿体無い。

100均は価格との勝負もあるので難しいんですかね

↑このページのトップヘ