どうも
最近、なかなか進捗がよろしくない筆者ですが新しいブログ頑張ります

そんなこんなで某氏オススメのclass AA回路を使った真空管ヘッドホンアンプを作りました。
真空管は12AX7の中古品ですが頂きました。
ありがとうございます。

外観はこんな感じです。
余裕で手のひらに乗ります。
ちなみに電源は12Vです。この低電圧で真空管を駆動するがゆえ、同じ品種でも動作しないことがあるようです。

下からLEDで照らす細工をしてみました。
この方が暗いところで見ると映えます。とってもお気に入りですね。だってかっこいいんだもん!

聴いた感想としては、12Vで真空管を使って安価な4558Dなのに良くこんな低音がでてバランスの良い音になっているのが素直な感想です。
class AAの回路ってすごいです。

オペアンプはNJM4558Dを使ってます。
しかし、部品箱に艶ありのNJM4558Dがあることを思い出して少し試聴したら交換してみました。
※艶ありNJM4558Dとはギターアンプの用途で高値で取引される1980年代に製造されたもののようです。
筆者は昔のパワーアンプを分解したらたまたまあったので使っていますが、わざわざ買う気にはなれません( ̄ー ̄
ソケットに挿さってるのが艶あり4558Dです。右端の4558Dとは明らかに見た目が違います。
試聴してみました。
音がマイルドって言うか…角がとれた感じの音質になり、とても良いです。
筆者はこの音が好みなのでこのまま使います。

この回路は高電圧は使いませんし、12AX7などの現行で生産されている真空管を使って作れるので割とオススメです。
真空管を入れても部品代は¥2000くらいかもしれません。
満足できるヘッドホンアンプが作れたので良かったですね。



秋月の冷陰極管インバーターでSGTCを作ってみました。極端な話、テスラコイルの二段接続ですからどうなることやら心配しましたが問題なく動作しているようです。

イメージ 1
秋月の冷陰極管インバーターです。改造してあります。元のトランジスタが逝ってしまったので、その辺にあったパワートランジスタをつけてます。
電流制限コンデンサも取っています。
これらの改造で20Vは余裕で耐えます。
しかし25Vは超えないようにしなければなりません。なぜならインバーターの電解コンデンサの耐圧が25Vだから。

イメージ 3
テスラコイルです。ボールペンと比較してもらうと分かりますが、とても小さいです。サイズは径3mm×長さ1cm位です。
昔の100円ラジオのバーアンテナに0.15mmのPEWを300T位巻いてあります。一次コイルはその辺にあったUEWを2T巻いています。
整流は1N4007を3つ直列にして、共振コンデンサは秋月で売っている4KV1000pFを直列500pFにして用いています。

イメージ 8
スパークギャップ。
くっついているように見えるけど実際は離れている。
意外とスパークギャップの調整はシビアじゃないんだよな。間隔は1mm位。

イメージ 4
放電させている画像です。5mm位放電します。結構もっさりした放電です。
放電に触っても全くピリピリしません。高周波なので表皮効果のため身体の表面を伝わってどこかへ行ってしまいます。
夜の放電はとても綺麗です。思わず見とれてしまいます。

イメージ 5
豆電球に放電してプラズマボールにしてみた。これまた綺麗です。
枝分かれした放電をしています。

イメージ 6
ネオンランプ。とあるパーツ屋で¥300でした。
ぺか~っと綺麗に光ります。もや~っとしている感じかな。

イメージ 7
こんどは4Wの蛍光灯に放電しています。離れていても光るんだよな~。

電磁波?高調波?がとてもすごく、これらの画像を撮るときカメラが誤作動して、勝手にズームになったりして大変でした。

ある友人からはんだ吸い取り線を5つもいただきました。ありがとうございます

イメージ 9

例のラジオ少年のキット、KIT-210を組み立ててみたので中学生向けのキットらしいですが、充分な組み立て説明書が無いので詳細にレポートしておきます。
中身は中国語の不親切な説明書なのですが、割とすんなり組めました。
キットは組み立てると決めたらバババッと組まないとおもしろくないからね。
だらだら時間をかけて組み立てるの嫌い。
このキットはもうトランジスタストレートラジオを卒業した方向けのほぼ無調整ラジオって感じでしたね。
今回は初心者向きの手順を詳細に解説した記事です。自力で組み立てたい人はここから下はみない方がいいです(爆

まぁ、いってみるとしますか。
銘板は好きな時につけてくださいねw
まず最初にSOP-16のICを取り付けちゃいましょう。
最初にしないと取り付けが苦しくなります。

イメージ 1
取り付けた画像
詳細にハンダつけの仕方もUPします。

イメージ 2
まずはこのようにパターンに予めハンダを盛っておきます。

イメージ 3
そしたらICを置いて、対角線をハンダつけして固定してからその他の足をハンダしてICは完了です。
隣とくっつかないように注意してください。
その次に抵抗、コンデンサと背の低い部品からハンダつけを進めていきま
す。
電解コンデンサとバリコンは極性や向きに注意です。
抵抗は小さいのでデジタルテスターで抵抗値を確認してからハンダつけする事をおすすめします。
基板に値が印刷されているので間違う事は無いと思います。
※3K3→3.3kΩです。

イメージ 4
このように富士山型にハンダがついたらOKです。丸いイモハンダではダメですよ。

イメージ 5
アンテナコイルはこのようになってますから、組み立てて基板に取り付けます。

イメージ 6
こうなります。フェライトバーがグラグラするときはエポキシ接着剤で固定してもOKです。

イメージ 9
コイルの線はこの穴から通します。

イメージ 10
そしてここへハンダつけ。

イメージ 7
バリコンには向きがあるので注意です。
画像の向きを参考に。

イメージ 8
コイルは2つありますが、左の短いほうが7T5、右の長い方が8T5に取り付けます。
ここで注意です!
7T5は部品面に取り付けてもいいですが、8T5はパターン面に取り付けてください。これを間違うと完成時のFMの調整が出来なくなります。
実際、筆者は8T5のコイルも部品面につけてしまい慌てて修正しました(^^;;

イメージ 13
LEDの向きも確認。
LEDは実際に基板を合わせてみて長さを決めましょう。

イメージ 11
ジャンパー線も忘れずに。ニッパーで切った脚などで構いません。

イメージ 26
基板が完成しました。
ちなみにLEDのカバーは付いていません。筆者の手持ちです。
ここまでハンダつけお疲れ様でした。
コーヒーでも飲みながら一服でもしますか。
ここで、みのむしクリップなどで仮配線して動作確認する事をお勧めします。
ちなみにアンプICは100均アンプでお馴染みのTDA2822でした。
AMラジオICはCD7642という三端子ラジオICです。初めてCD7642は見ました。

イメージ 27

イメージ 28


イメージ 12
スピーカーはエポキシ接着剤などで接着。

イメージ 29
バリコンにはこのつまみを使います。

イメージ 30
こちらはボリューム用です。

イメージ 31
このネジを使います。
ネジは短いほうがボリューム、長い方がバリコンです。

イメージ 32
ここまで画像で確認してください。
バリコンには指針を共締めします。

イメージ 33
ロッドアンテナ。

イメージ 34
ラグ端子をこのように加工し、いちばん短いネジを使って締めます。

イメージ 35
こんなふうにラグ端子→ロッドアンテナの順に重ね、締めてやります。

イメージ 36
電池の端子を取り付けましょうか。

イメージ 14
長い方をこちらへ取り付けます。固いですが、最後まで押し込んでください。

イメージ 15
小さい方を位置が間違わないようにして取り付けてください。

イメージ 16
そしたら、最後に配線をして完成です。白い線は電源のマイナス以外に使います。

イメージ 19
最初にスピーカーの線をつけましょう。ここは最初の方が無難です。
そしたら基板をケースの上に載せます。

イメージ 17

イメージ 18
次にロッドアンテナのラグ端子から基板上のANTにハンダつけしてください。

イメージ 20
スピーカーの線はここです。スピーカーには+、-の区別がありましたが、今回はモノラルですので無視してもらって構わないです。

イメージ 21
電池ボックスの+から(バネが無い方)基板上のここへ。

イメージ 22
電池ボックスの-から(バネがある方)基板上のこちらへ。

コレでようやくすべての配線が終わりました。
ここで、FMの調整をしてしまいます。調整と言ってもそんなに難しいものでは無いので気楽に。
そのままだと指針の周波数と実際の周波数が合いません。
まず、みのむしクリップで乾電池から電源を仮配線してつけます。
調整方法は、基準となる放送局の周波数に8T5のコイルを伸ばして指針と実際の周波数を合わせます。
筆者の地域は山形で80.4MHzなので、80MHZ付近に指針を合わせればよいです。
AMは調整をする箇所がありません。

イメージ 25
筆者の場合はこのようになりました。

お疲れ様でした。あとはネジを締めて完成です。
ラストスパート行きましょう!

イメージ 23
あとはこのネジが残りました。

イメージ 24
ネジの短いほうは画像の青まるに、長いほうは赤まるに締めましょう。ここも間違わない方がいいです。


イメージ 37
どうですか?完成しました!

電池をいれてボリュームをあげてみます。
上手く同調させると放送が聞こえて来ます。自分で組み立てたラジオで聴くのはやっぱりなんとも言えない達成感と満足感などで良い気分ですね^_^

放送も筆者は送信所から30kmくらい離れているのですが、AM、FMともに良好です。特に問題ありません。
ただ、AMの選択度、分離は決して良くは無いですかね。まずまずといったところでしょうか。三端子ラジオIC
  なので仕方ないですね
FMは受信範囲が広いために選局がややクリチカルですが、大丈夫な範囲です。
久しぶりに良いキットに出会えました。これ、オススメです。

↑このページのトップヘ