2ヶ月以上も放置していてすみませんね…ネタはあるのですがやる気(ry
ダイソーに久しぶりに行ってみると100円の延長コードが殆どなく、200円の延長コードが多かったです。よく見るとプラスネジが2本見えます…う〜んバラしたい!もしかしたらコンセントのみ使えるのでは?という衝動もあり、この200円の延長コードを買うことに。
[画像:8aa96de0-s.jpg]
[画像:334ca023-s.jpg]
全体の商品画像撮り忘れたのでコンセント部分のみ
コンパクトな3口タップです。
[画像:35de7ce8-s.jpg]
バラすとシンプルに黄銅の金具があるだけ。
[画像:20574d37-s.jpg]
安い延長コードにありがちなはんだ付けも一切なく、圧着接続している点もgood!
圧着部分を切って補修用コンセントにしても良さそうです。200円ですし。
[画像:0f92eb6e-s.jpg]
横から
200円商品だからか?作りもしっかりしていてそのまま使っても問題なさそう。


前回、中華製圧着工具の検証を行いました。過去記事漁ってください。裸圧着端子の工具でしたが、やっぱりクリンプハイトが足りなくて圧着が甘かったです。
今回、ニチフ純正で絶縁閉端子用の圧着工具を手に入れましたので手持ちの中華製圧着工具と比較してみたいと思います。
結果はいかに????

青グリップが眩しいニチフ純正圧着工具。JISマークは当然ありません。
絶縁閉端子というのは端子側にはJIS規格がありますが、圧着工具本体のJIS規格はありません。そのためJIS規格の絶縁閉端子用圧着工具は売っていないわけです。
中華圧着工具代表はこいつ
某通販で買いました。過去記事漁ると出てきます。
ニチフが手持ちになかったので中華CE1で勘弁してください…
圧着した結果は左がニチフ純正、右が中華
一目瞭然でクリンプハイトが足りてないのがわかります。
やっぱり中華圧着工具はダメでした。大人しく信頼できるメーカー(マーベル、ロブスター、ホーザン…)の圧着工具を買うに越したことはないです。
しかし…中華圧着工具と中華圧着端子の組み合わせでもこの結果という事は現地ではきちんと使えてるのか???恐らく現地でも使えてないと思うんですけどどうなんですかね
中国とかこんな圧着工具で電気工事してるのかと思うとちょっとゾッとします。

えー、やっと書く気になったので記事を書いてみようと思います。だいぶ前の事なんですが、ノートPC買い換えました。例の水冷ノートではプロセッサ的に限界だったのもあり買い換えに。
HPの2570Pです。
こいつの良いところはワンタッチで裏ブタが外れて全てにアクセスできるところで整備性がGood!
前の機種(2540p)は整備性最悪でCPU交換も出来なかったので2570pは最高です。
それでですね、届いたのは良いんですがファンから異音がするという事でファンを交換することに。調べてみるとSUNONのファンは良い噂を聞きませんね…
そこでAliExpressで探します。
ありました。せっかくなのでこの際SUNONではないメーカーを使ってみようかと。FORCECON…あまり見ないけどまぁ良いや。
届いた。2週間くらいかな。まぁ普通のファン。
いざ、装着!
うーんファンの異音が綺麗さっぱり無くなって良い感じや。以前のはどこか引っかかるっていうかそんな感じの異音がしてて角度によって音が変わってたっけな。
そしてこいつのストレージはSSD128GB。起動めちゃ早くてもうHDDに戻れないですわこの速度。
ライトンのSSDとかあまり見ないですね…
128GBではストレージが少ないのでストレージを増やすことに。
ちょうどよくDVDドライブが付いてなかったのでそこに2.5インチHDDを増設します。
アキバのツクモから中古HDD買って来ました。なんか9のつく日?とかで安かったですね。9%オフだっけかな。たまたま9のつく日だっただけです。
AliExpressで2570pのDVDドライブに合う変換アダプタを購入。1kくらいの値段。
まぁ普通に入りました。
無事認識された。
時間も少なくていい中古や。
中は最終的にこんな感じに。
750GBのHDDも売ってて差額600円くらいだったしそっちの方が良かったかとちょっと後悔。

CPUの放熱も問題なし!
これからはこのパソコンで行きますかね。
それではまた〜


↑このページのトップヘ