皆さんこんばんは
1年以上放置していましてすみません…
毎度毎度ネタはあるんですが、いかんせんブログ記事書くのが…
まぁ

今回はDS3231というRTCがありますね。Arduinoでもお馴染みのアレです
TCXOを使用しており、かなり高精度(年差数秒!)なRTCです。
Arduinoで使用するモジュールにZS-042というモジュールがあります。
IMG_20200404_171242
こいつですね
中華製なら1つ150円から200円で買えますね。
DS3231のオリジナルはマキシム社でありまして、これが1つ1000円近くするのであります。
Screenshot_2020-04-29-21-57-28

どう考えてもZS-042という中華モジュールには値段を考えて200円もしないモジュールに1000円もする本物が載っているはずがない。

IMG_20200429_214231

実はArduinoでVFDクロックを作ろうと思いまして、RTCを仕入れたわけです。もちろんAliexpressから、ええ。

そしたら時刻の日差が数十秒、酷いものになると30秒近くある。
どう考えてもTCXO搭載のRTCの数値ではない
100均の時計のほうがまだマシですよ。
ありえんです。
プログラムがおかしいのかと色々試してみましたが一向に改善せず。
モジュールがそもそも偽物なのが悪いのでは?という感じがして、いろいろ調べるとどうもそのようです。

先人達のブログを拝見して見ますと、偽物でも一応使えるとの記述も多いです。
DS3231Mはダメですが、そもそもTCXOでは無いので誤差が大きくて当たり前。仕方ないですね。

しかしDS3231Nの偽物でもかなりの精度が出ているみたいですね。
DS3231Nの偽物の話ですが、中華市場では2種類あることを確認できました。
まず、日差30秒もある偽物
そして、日差2秒程度の偽物

両者の違いについて以下に記したいと思います。

DS3231にも2種類あるらしく、DS3231"N"とDS3231"M"があるようです。
今回の話はDS3231Nについての話をしていきます。
DS3231Mは回路構成等、別物で計時誤差もNに比べるとかなりあるようです。

IMG_20200429_224555

見にくい写真ですみません。
これが日差が30秒もあるDS3231Nです。
型番に注目してください。これはDS3231"N"です。

日差30秒はおかしいと思いAliexpressにモジュールでは無くIC単体で注文して届いたのが以下です。

IMG_20200404_174924

これが日差2秒位のDS3231"SN"です。
まず型番が"N"か"SN"で違います。
左下の1番ピンを示すマーク
これも違います。
単なる○か#かです。

そして本物も入手してみました。
深センのパーツ屋、LCSCに発注したものです。1つ300円くらい。恐らく本物。いや、本物と信じている。

IMG_20200429_223250

本物と日差2秒のものと比べると、酷似している。
ぱっと見ではよく分からないほどだ。

この個体は1日経った位では誤差を感じられなかった。

そもそも、本物のICを仕入れるのに越したことはない。
計時誤差が大きいと感じたら正規品を取り寄せて試して見るといいと思う。
初めから正規品を買ったほうが早いような気はするが…

部品が偽物だと色々なところで苦労すると言う事を勉強させられた。

皆さんも良いAliexpressライフを。



真空管アンプを設計しております。
毎回、トランス選定には苦労しています…
今回も、出力トランスのインピーダンスが市販品だとなかなか良いものがなくて大変でした。
市販出力トランスのインピーダンスに合わせて回路設計するのが普通なんでしょうが、
今回は6N6Pのプッシュプルで組むに当たり、どうしても設計変更で対応できず、特注してしまいました。
インピーダンスが高い出力トランスが欲しかったのですが、選択肢として春日無線の14KΩ、イチカワトランスの16KΩしかありません。設計上12KΩが欲しいのですが、売ってません。

思い切って特注しました。
特注先は西崎電機
どうも特注トランス専門のようです。
見積もり依頼してみるとリーズナブルで特注した方が安いんじゃないかと思えるくらい。(もしかして秋葉原の某トランス屋さんに特注するのに比べて半額程度?)
発注してみるとなんと特注にも関わらず翌日から2日後には発送されました。
こんな超特急でなくともいいのですが、西崎電機では納期5日以内なので標準のようです。

届いてみると、負荷テスト等のデータはありませんでしたがアマチュアなので問題ないです。
とある事情で電源トランスも特注する事になりましたが、こちらも迅速に対応して頂きました。
右の黒いトランスですが、見てくれもいいのではと思います。
この他にもカットコアトランスや伏せ型のトランスも製作しているようです。

IMG_20190330_123532

銘板がなく、巻線データが書いてある紙が添付されているだけでしたので銘板を作ってみました。
IMG_20190330_175038
なお、無負荷電圧は260V巻線は5V程度、6.3V巻線は0.5V程度高い様子でした。

特注のやり取りとしては決まった注文フォームが無いので、メールで希望の電圧、電流、直流で使用するのであれば整流方式、指定があれば電圧変動率、周波数などを伝えて見積もり依頼する事になります。
日曜日でも2時間後にはメールの返信が来たときには早すぎてびっくりしましたが…

個人向けも柔軟に対応している貴重なトランス屋さん
電流電圧も自由自在、特注トランスも検討してみては?

どうも…
生きてます
最近は6N6Pの全段差動直結プッシュプルアンプを設計して基板も出来てますので、そのうち記事にできるかと思います。出来れば設計法なんかも触れたいなと思っているところです。
アンプに使うLM334Z(定電流IC)とTL783(高耐圧シャントレギュレータ)をAliexpressから購入しました。
それぞれ相場の10分の一位の値段でしたのでまぁ偽物だろうなと見当はついていたんですが、まさか全く使えないゴミが来るとは思いもよりませんでした。
IMG_20190227_204545
これが届いたLM334Zです
IMG_20190227_211357
動作試験してみました。
LM334Zは10mAまでの可変定電流源で、だいたい1〜2V程度から機能し始めます。
セメント抵抗が画像にはありますが、手元に合う抵抗値が手っ取り早くそれしかなかったためです。
どうも動作試験してみると定電流っぽい特性は出ているものの電流値によって肩電圧が大幅にバラつくようです。
本物も電流値によって肩電圧はバラつくものの概ね2Vあればどの電流でも定電流特性が出ると書いてあります。
これは3mA時点で3V程度、上限の10mAに設定するとなんと6V程度も電圧をかけないと定電流特性が得られないという代物でした。
定電流特性は出ているので一応使えないこともないですが、肩電圧が高くて使いにくいです。
CRDも比較的肩電圧は高いのでCRDの代用にはなるかもしれませんが、こんな得体の知れない半導体を使いたくないです。
ましてや1V程度から定電流特性が得られるメリットがあり今回はLM334Zを選びました。それなのにこんなに電圧が高いと全くメリットがありません。

Aliexpressガチャは今回も外れ
一応セラーにオープン紛争をしてみたところ、本物だという主張で埒が明かずにAliexpressが介入してもセラーの立場で本物であるため返金できないという判断でした。
5個200円程度なので痛くもないんですが。
CRDは肩電圧が高くて代用出来ないので大人しく正規品買います…

次はTL783
IMG_20190307_181057

本物とは似てもいないパッケージですね…
テキサス・インスツルメンツのロゴもなんだか変ですし、表面を研磨した跡が大量に残っています。
もうこの時点で怪しい匂いというか偽物確定です。
IMG_20190309_165925
まぁ偽物でもそれらしい動作はするかと思いきや、全くそうでもない!
データシート通りに配線していますが、電源電圧にほぼ比例した電圧が出力されました。
VOUTとADJ間は1.27Vになるように制御するはずですが全くデタラメな電圧…
これは中身が全く違うゴミだと結論付けて、ガスバーナーで素子を焼いてみる事にしました。
レギュレーターやICの類であればダイが見えるはずです。
IMG_20190309_172823
こちらが偽物TL783です。

IMG_20190309_172856
こちらはLM7809です。
比較のために焼いてみました。
LM7809は中央に小さいながらも回路が作り込まれているのが分かります。

一方、TL783の偽物の方は回路が作り込まれている様子もなく、なにか載っていますがこれでICの類ではないことが判明しました。
見た感じトランジスタかFETのように見えます。
IMG_20190310_005909

IMG_20190309_173739
もしやと思い、中華製トランジスタテスターで測定してみました。
やはりMOS-FETで間違いないようです。
Cは当てになりませんが参考程度にはなるかもしれません。

やはり、FETでしたか…
IMG_20190309_180812
この特徴的なパッケージのFETは一体どこのFETなのかといった問題があります。
某氏に聞いてみたところ、もともとHarrisのデバイスで使われていたパッケージのものとのこと。
その後社名がIntersilになって更にFairchildに買収されてFairchildブランドでも出ていたらしい。
ほーん、なるほど…

この調査結果から考えられることとして、
1、Harrisの古いデッドストック品を在庫処分の為に適当にリマークして販売していた。

2、中古品を適当にリマークして再ハンダして仕上げて販売していた。

上記2択のどちらかと言うことになりそうです。個人的には1の在庫処分かなと思うんですが、詳細は不明です。

偽物であることをAliexpressに申告し、販売店と協議したところ、すんなり全額返金されました。相手も偽物と分かりつつ販売していたという事なんでしょうかねぇ 

中華半導体は闇が深いです

最近はテキサス・インスツルメンツが偽物対策のため、一次代理店にのみ販売する事が決定しました。そのため、秋月でもテキサス・インスツルメンツのデバイスは在庫限りのようですし、マルツでも販売しないようです。
今後、どうなっていくんでしょうか。

偽物を引き当てたことで色々と勉強?できました。
それでは良いAliexpressライフを!

↑このページのトップヘ